渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS おんな城主直虎 第7話 「検地がやってきた」

<<   作成日時 : 2017/02/20 01:37   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 1




直親の件については今川家より咎めはなかった
その代わり改めて井伊の領地に家臣を派遣して検地を行う事になったと言う


早速井伊家目付役を務める小野但馬は検地の準備を行った


その中で川の隠し里は直親の祖父・直平の主張もあり
この地だけは検地の対象からはずそうという事になった

もしこの一件が露見すれば目付役である小野家の立場は危うくなる

それでも・・・おとわのためならば
そう主張する直親の言葉に小野但馬は激しい憤りを覚えた

その憤りの理由は自分でもわからなかった



その後
川名の隠し里は今川家の役人に知られる事となったが
この地は井伊家の所有ではなく神社の所有であり

その届出に関して落ち度は小野但馬にあるとして
事なきを得た


そうして検地は終わったのだが
これは井伊家に対する仕置ではなく
今川家が尾張攻めをするために

各地から兵糧を調達する前段階であるという事を
井伊家の面々は気づかずにいた―――――





小野但馬が次郎法師に恋心を抱いている

それがわかっていて直親は「おとわのために」
そう言って無理難題を自分に押し付ける

選択肢があるように言って
その選択肢は1つしかない

それがとても腹立たしい

それでいて自分は井伊家家臣として奔走してるのに
井伊家目付役というお役目から自分は

井伊家から嫌われている

それだけに余計に腹立たしい

このあたりから小野但馬は壊れつつあるようです

今週のイラスト



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【おんな城主 直虎】第7回 感想
井伊家存続のため直親(三浦春馬)とのつらい別れを選んだ次郎法師(柴咲コウ)。 政次(高橋一生)は今川館に出向き、直親の帰参と家督相続を認めても… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/02/20 03:31
おんな城主直虎 第7回「検知がやってきた」
何かのインタビューで今川義元を演じる春風亭昇太さんの台詞があまりないということをおっしゃっていたそうですが、今回もご多分に漏れずに公家のように直接は話をせずに側近のものに取り次いて会話するだけ。台詞がないのをどのように特徴を出しながら演技をするのか難しいところだと思いますが、今後も残り少ない中で楽しみにしたいと思います。 そんな今川に直親の帰還を認めてもらうために出向いた井伊は無事に認めてもらうのですが、その交換条件として出されたのが井伊の里の検地でした。しかし井伊の里には川名の隠し里があり、こ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/02/20 12:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、こんばんは。

あくまで地味にじわじわと進んでいく井伊谷物語・・・。
直平の言う血の雨をもう少し降らしてもいいのかなあと思う今日この頃です。
声をもらさない義元とか・・・凸凹な感じの瀬名竹千代とか
心憎い駿河勢に対して
ヒロインがちょっぴり乙女モードが過ぎるのではないかと危惧したりもいたします。
しかし・・・設定はしっかりしているので
妄想は結構膨らんで参りました。
今回は野伏せりと小競り合いぐらいしないかな・・・と思いましたが
一体・・・来週はどこに向って出陣していくのか・・・。
キッド
2017/02/20 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
おんな城主直虎 第7話 「検地がやってきた」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる