渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 真田丸 第37話 「信之」

<<   作成日時 : 2016/09/19 00:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

真田は上田城において徳川軍を破った

だが、信繁の下に
石田三成らが惨敗したとの報せが届き
衝撃を受けていた


更に大坂城に徳川家康が入城したとの報せが飛び込んだ
石田三成も捕らえられ勝敗は決した


信繁は父・昌幸にこれ以上の合戦は無用として昌幸を諌めた


昌幸は苦渋の思いで信繁の言葉を受け入れた



沼田にいる信幸は
昌幸と信繁の助命嘆願を行うため大坂に向かう事とした

そこに舅である本多忠勝が大坂から沼田の地にやってきた

私は嫡男
子が親の命を救うことは本分にございます


本多忠勝も信幸と共に助命嘆願に助力すると言う


信長が死んだ頃が一番楽しかった



父親を助けてはやりたいとは思うが
親子ともども死んでもらう


某に免じてどうかお助け下さいませ

本多平八郎忠勝
一世一代の無理を言わせてもらいます

もし願いが聞き届けられぬとすれば
信幸と共に合戦仕り討ち死にする所存


其の言葉に驚いた家康は忠勝の言葉を受け入れ
命まではとらぬと申し渡した


だが一番驚いたのは信幸である

娘婿のために命まで賭けるというその覚悟に
信幸は嗚咽しそうなくらい感謝の思いしか浮かばなかった


昌幸・信繁の処遇が決まった


信幸が自ら二人に述べた

昌幸・信繁両名は高野山の麓にある九度山村に幽閉すると言う


九度山に向かう途中で昌幸と信繁は家康と対面した


家康は言う

「お主から兵も軍馬も全て奪った
お主から戦をする機会を奪う
この先何十年たとうともその境遇は変わらん

死よりも苦しい生き地獄
たっぷりと味わうが良い」


そうして昌幸は信繁と共にわずかなお供を連れて
九度山村に入った


ここから14年にも及ぶ日々が始まるのである―――――





朝から風邪こじらせ
熱が7度8分で結構つらい感じです


さて、今回は父と弟の助命嘆願に奔走する信幸がメイン

「幸」の字は捨てるように命じられて、それに従ったものの
漢字は別で読み方は同じ

「わしの意地じゃ」

という信之の主張がたまりませんね


それから情緒不安な薫は信之に任せて
九度山村にいくあたり

昌幸の優しさが感じられます


それから九度山に幽閉した家康の真意ですが
あそこまで家康が根に持っているのはそれだけ
真田については場面場面で煮え湯を飲まされた

という事があっての事かもしれませんね


今週のイラスト









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【真田丸】第37回 「信之」 感想
関ヶ原での西軍敗北により徳川に降伏した信繁(堺雅人)と昌幸(草刈正雄)。信幸(大泉洋)と忠勝(藤岡弘、)による、家康(内野聖陽)への必死の助命嘆願により、高野山への流罪と決まる。 しかし、その代わりに家康が信幸に命じたのは厳しい条件であった。 一方、大坂に立ち寄った信繁は、三成(山本耕史)と刑部(片岡愛之助)の最期について知ることになる。 そして高野山に向かった信繁たち一行を待ち構えて... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2016/09/19 03:13
『真田丸』、竹本義太夫はそっとしておくべきか?(第37回)
皆さんこんばんは。今回はだいぶ遅れている去年の大人気大河ドラマ『真田丸』の第37回「信之」について。あらすじは、関ヶ原の戦いは一日で終了し、西軍敗戦の報を聞いた真田昌幸(草刈正雄)、真田信繁(堺雅人)親子は頭を抱える。そこへ東軍方へついた真田信幸(大泉洋) ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2017/02/05 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、こんばんは。

キター!・・・描き下し三連打!
善戦むなしく都落ちの豪姫の旦那様キターッ!
無双の舅第二弾キターッ!
改名記念信之キターッ!
おつかれさまでございます。
お加減いかがでございますか。
季節の変わり目ですのでご養生くださいますように。
真田丸最高!と叫びたい今日この頃でございます。
キッド
2016/09/19 18:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
真田丸 第37話 「信之」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる