渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 真田丸 第6話 「迷走」

<<   作成日時 : 2016/02/14 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2


本能寺の変から二日が過ぎた
信繁たちは明智の兵に占拠された安土の城からの脱出を図っていた


しかし明智の兵に見つかり
皆はちりぢりになって逃げ出した


皆が兵士の足止めを図り奔走する中

明智の兵に囲まれた松は自ら崖に飛び込んで湖に消えた

佐助も後を追って飛び込んだのだが
松を見つける事はできなかった


茂誠は一人この地に残るという

どのみち
真田に残っても私には居場所がない
松の傍にいてやりたいのじゃ

そう言う義兄上に対して



「いいですか
義兄上
生きていてこそです」


そう言って慰めるのが精一杯だった


そして
源次郎・三十郎・佐助の三人は信濃の地へ向かった―――


そうしてもうすぐ信濃に入る
近くの寺にやってきた


そこに兵士の一団が訪れていた


「あの旗印
森長可のものか・・・」




そこに突然謎の一団が影のように現れて信繁らを取り囲んだ


「真田の小倅か」


それは出浦であった

この一団は出浦の手の者

森長可が無事に信濃の地を出るまで出浦自ら護衛をしていた



出浦は主君を討った明智光秀についてこう評した

「どれだけ味方を増やせるか
主人を不意打ちで襲う人間に
どれだけ人がついてくるか」

そして出浦は語る

「透破は目先の損得では動かぬ

一度家臣と決めたからには
最後まで尽くすのが我らの流儀


乱世なればこそ
我らの流儀の値打ちが出る

透破は戦では死なぬ
透破が死ぬのは信用を失う時」

出浦は信繁に語りかけ
その場を去った


信繁には出浦の言葉が心に深く響いた





再び主を失った真田昌幸は決断を迫られている

その頃
昌幸は滝川一益から呼び出しを受けた


真田は信用できないとして
人質を滝川の下に送るように命じられたのである



国衆たちは織田よりも
武田の血を引く北条氏直の庇護を受けるべきだとの意見が大勢を占めていた



滝川様が明智を一刻も早く討てば
今後の織田家中を率いる事になる

そうなれば天下は滝川の下に転ぶ


そこで昌幸は滝川と北条を両天秤にかけた

先が読めないための昌幸の苦肉の策であった


滝川を天下人にするためには
北条には滝川を攻めこませぬようにしなければならない


昌幸は弟・信尹を使者に北条の下に向かわせた





そして信繁が信濃に戻ってきた


信繁に悪態をついたのは
母ときりだけだった

それ以外は誰も信繁を責める者はいなかった
それが信繁には苦痛だった




信繁は梅の下に向かった

信繁は梅に心の中を漏らした



「黙って聞いていてくれ
帰ってきたくなかった
私は明智の動きを見誤り姉上をお救いできなかった

ずっと兄より才があると思っていた
その才で兄を助けるのが己の努めだと思っていた

うぬぼれだった

私の才などいざという時役に立たぬ

それがようわかった

才がなければ私はただの役立たずの次男坊

真田の家にいる意味など何も無い」


梅は黙って聞いていたので
何か一言をと、信繁は促した

「では一言だけ・・・

梅は源次郎様が帰ってきて下さってほっとしました

もし真田の家に何かあった時は
必ず私をお助け下さりませ

約束です」

「わかりました」

その心遣いが信繁は嬉しかった





6月13日
明智光秀が織田家家臣・羽柴秀吉なる者に討たれた

滝川一益に呼び出された昌幸からその知らせを聞いた

秀吉というのはどういう男ですか?


草履取りから己の才覚だけでここまでやってきた

「もしかして天下人に近いのはあの男やもしれん」


昌幸の夢はあっけなく潰えた



「わしが肩入れした者が尽く運を逃す
源三郎教えてくれ
わしは疫病神か」


「巡り合わせかと」


信幸は淡々としていた




昌幸はふと信濃の山々を眺めていた

その父を見て源次郎が駆け寄った


昌幸は信繁に愚痴をこぼした

「力がほしいのう
織田や上杉と対等にやりあえる力が」


「私がこの景色をみるといつもこう思うのです

武田から織田
たとえ領主が変わってもこの景色が変わることはない
いつもこの山はここにある

まるで人間同士の争いを遠くで笑っているようです

私はこの景色が好きです

信濃はこの日本国の真ん中ですから
信濃に生まれた事を誇りに思います

父上の子として生まれた事を誇りに思います」


「源次郎
よき息子じゃ
よき息子じゃ」


そう言って父は息子をほめた



それからまもなくして
北条が滝川のいる上野・厩橋城を攻めた


北条からは援軍を送るよう書状が届いた

「わしは織田にも北条にも誰にもつかん


上杉も北条も徳川も
この信濃がほしいのじゃ

ここにはよい山も川も馬もある

ここは要の土地じゃ

この信濃がある限り
わしらは大名たちと対等渡り合える

奴らを操ってみせるのよ

まずは岩櫃と沼田を奪回する

息子達よ
どんな手を使っても
わしはこの地をこの真田を守ってみせる

大博打の始まりじゃ!」

父の言葉に息子達はなんとも言えない高揚感に打ち震えていた――――




随所に人物の細かい設定・描写が光りますね


佐助は兵達との戦いで
目潰しをつかって虚実に富んだ動きを見せたり


それから徳川家では質実剛健なる本多忠勝を鬱陶しく思う家康

これが真田家での昌幸と信幸との関係に当てはまります

このあたりが信幸―忠勝の共通点になり
馬が合うって事になって後日の事が起きたりするのでしょうね


それから、きりは信繁を慰めようとするつもりが
いつものように悪態をついてしまい信繁を怒らせてしまう


けど普段は感情を露わにしない信繁がそうした感情を
露わにできるのはきりの前だけという事には気づいてほしいものですがね



それから信幸が国衆の場で喋ると
室賀が「黙れ小童!」っていうのは定番になってますが
この点をいつ崩すかが気になるところですね



それから信尹
セリフは一言でしたが
なんとも言えない不気味な威圧感を感じさせるのがいいですな


今週のイラスト







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真田丸 第6回「迷走」
前回大盤振る舞いをして安土にいた人質を大勢連れ出した信繁たちですが、逆に動きが悪くなってしまい途中で明智の手の者たちに見つかってしまいます。その結果姉の松が逃走中にがけから飛び降りてしまい、一堂は亡くなったと思ってしまうのですが、後ほど彼女の無事が確認されることになります。 信繁はずっと松を守り抜くことが出来なかった自分を責め、有能であると思い込んでいた自分に後悔をするのですが、こういった挫折が人を強くさせるのかもしれません。長澤まさみさんが演じるきりからは、バリバリ現代語で厳しいことを言われま... ...続きを見る
あしたまにあーな
2016/02/14 22:52
【真田丸】第6回 「迷走」 感想
本能寺の変、直後の安土。 信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃げようとするが、明智兵に見つかってしまう。 追いつめられた松は思わぬ行動に。 真田の郷では、「信長公のあだを討つべし」と正論を主張する信幸(大泉洋)に対して、昌幸(草刈正雄)の策は意表をつくものだった。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2016/02/15 04:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。

六回で三枚・・・昌幸愛炸裂でございますね。
眼つぶしを投げつつ反転するマシュー佐助!
忍び道を貫くらしい出浦対馬守!
壺谷又五郎はどうなんだ!
そして・・・跳び下りても死なずのおまつ・・・。
忍び魂炸裂大河でございますねえ。
本多VS本多の徳川様・・・。
きりと梅の恋のかけひき・・・。
ああ・・・何もかもが素晴らしい。
大河・・・復活の日・・・。
人生は・・・いいものだ・・・でございまする。
キッド
2016/02/15 05:35
キッド様
こんにちはです
昌幸がかっこ良くて、思わず3枚も描いてしまいましたが
まだまだ描いてみたいと思いますね

これぞまさに大河!
って感じが出ていますねぇ

この日々が今年いっぱい続くようで
これからも色々と描き甲斐がありますです
ikasama4
2016/03/06 11:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
真田丸 第6話 「迷走」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる