渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第49話 「二人の再婚」

<<   作成日時 : 2015/12/07 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

年賀状15枚ようやく描き上げて一息ついて
このブログを書いてる今日この頃

美和と楫取素彦が結婚するまでを1話つかって描きましたが
久坂の登場がなんか唐突でしたかね

途中で不義密通だったり
久米次郎の話とかが出てきて

久坂の描写がちと唐突だったようにも思えましたが

ま、これもこの作品の仕様なのでしょうね


すっかり諦め模様です

この作品が始まった頃は楽しみだったのにいつからこうなってしまったのやら(苦笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【花燃ゆ】第49回 「二人の再婚」感想 最終回1話前のツイッター大反省会まとめ
互いのことを思いつつも、気持ちを素直に伝えられない美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)。そんな二人に、せい(三田佳子)や阿久沢(江守徹)ら、周囲はやきもき。その頃、楫取の次男・久米次郎(市川理矩)が東京から楫取を訪ねてきて…。一方、美和は亡き夫・久坂玄瑞の忘れ形見の秀次郎(大八木凱斗)が正式に久坂家を継ぐことになり、萩に挨拶に行くことに。出発しようとしたそのとき、突然、楫取からプロポーズ... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/12/07 12:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。

いよいよ、画伯も走る季節でございますね。
キッドも・・・一年、一年といろいろなことが
雑になっていくので・・・老化は走るなと肝に銘じております。
まあ・・・どんな大河でも面白みはないわけではないですよねえ。
吉田松陰に与えられた時間はたっぷりあったし・・・。
高杉晋作とその嫁には少し萌えましたし・・・。
しかし・・・とにかく・・・後半は
天地人の呪いがかかり
「明治といえば鹿鳴館」的な・・・最終回へ。
この支配から解放されるかと思えば
来週が待ち遠しい・・・。
キッド
2015/12/07 05:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第49話 「二人の再婚」  渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる