渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第47話 「姉妹の約束」

<<   作成日時 : 2015/11/23 01:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1


姉が妹に託す思い

姉は妹の思いに
言葉にはしないけど気づいてた?

ってとこがポイントなんだろうけど

生糸の売買がメインで

姉妹の事は最初と最後につけてみました

みたいな感じでしょうかね


囚人はオレンジ色ってあれはどこから決めたんでしょう?

縞模様じゃなかったでしたっけ?

ちょっとあれは気になりましたかね

ま、そういう記録があればいいんですけどね


いつのまにやら最終回に向けて
皆一致団結してますみたいな最終回に向けた
準備ってな感じですね


今週のイラストも年賀状のためお休みです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【花燃ゆ】第47回 「姉妹の約束」感想
美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)の熱意が人々に伝わり、二人の取り組みは少しずつ軌道に乗り出した。そんな中、美和は久米次郎(市川理矩)から手紙を受け取り、東京で療養している寿(優香)を訪ねる。ひん死の寿は美和に心に秘めた思いを吐露し…。一方、楫取は生糸相場の変動による経済危機に直面、必死に駆け回るがそのとき阿久沢(江守徹)は…。そして美和は群馬での一大事を知り、寿の思いを胸に楫取のもと... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/11/23 04:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。

囚人服は柿色なのでしょうが少し鮮やかすぎたかもしれません。
岩鼻獄には高崎藩時代の一揆衆も繋がれていたので
囚人たちはもう少し古びた獄衣を身にまとっていたのではないかと
推察します。
まあ・・・維新時に染め直したのかもしれません。
なんだかんだ・・・群馬県は好景気でしたからねえ。
ブラタモリで小樽の栄華を紐解いていましたが
前橋にもその気配があったような気がします。
そういう空気はこのドラマからはあまり感じませんが
まあ・・・終局にむけてそこそこまとめに入った感じは
いたしますねえ。面白いかどうかは別として・・・。
キッド
2015/11/23 06:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第47話 「姉妹の約束」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる