渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第34話 「薩長同盟!」

<<   作成日時 : 2015/08/24 00:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

薩長同盟のためだけに
ポッとまた出てきた桂小五郎と西郷さんに

坂本龍馬をメインで描いてみました、みたいな感じで


美和は完全に漬物のような添え物扱いでしたねぇ


どうにかして史実に絡ませようと四苦八苦してる
脚本家さんの姿が浮かんできますが

史実とどうにか絡ませようとしてるから
四苦八苦してしまうんだろうなぁと思うんですよねぇ


その時点で主人公に選んだ題材がそもそも
問題だったんじゃないのかなと思ったりしまうんですがね



今週のイラスト

※「春の波涛」からのものです


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【花燃ゆ】第34回 「薩長同盟!」感想
世継ぎの養育係として忙しく働く美和(井上真央)。その頃、高杉晋作(高良健吾)が、幕府と戦うためには宿敵・薩摩と手を組むべきだ、と藩に提言する。小田村伊之助(大沢たかお)も桂小五郎(東山紀之)とともに坂本龍馬(伊原剛史)と会い、「薩長同盟」成立に向けて西郷隆盛(宅間孝行)との交渉を進める。だが美和にとって、薩摩は夫・久坂玄瑞を死に追った相手。わだかまりを捨てきれない美和に、伊之助が語った言... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/08/24 04:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。

惚れぼれする美しさのお貞様ですねえ。
ドラマの方もできればうっとりしたいのですが・・・。
結局、「思い出ぽろぽろ」的にうっとおしい・・・気難しい性格の主人公が
なんだかなあ〜な的な立場で自分を語るという展開・・・。
基本、ツンデレの失敗作ですよねえ。
今度は・・・高杉様にツンツンしたことを
正妻以上に嘆くのか・・・。
八重もそうでしたが維新後は
なんとなくホームドラマ化するので・・・。
最初からそうだった・・・これは
一体どうなるものやら・・・。
キッド
2015/08/24 11:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第34話 「薩長同盟!」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる