渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第31話 「命がけの伝言」

<<   作成日時 : 2015/08/03 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1


これまでの展開をみて
改めて思ったのは

この主人公が誰かにお願いして
その力を利用してもらってる

しかもその行動の起点のすべてが自分本位
自分の主張ばかり押し通すのに


そこからの他力本願さがあまりにも全面に出てるもんで

全然主人公に共感できんのよね

逆に何かと上の者に楯突くばっかだから
主人公が「うざい」としか思えず

それがずっと終始続いていくんですよね


そういう点でいくと
今更ながらに美和を主人公にするよりかは
小田村伊之助を主人公にした方がまだよかったんじゃないかと
思えてくる今日この頃です



今週のイラスト






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【花燃ゆ】第31回 「命がけの伝言」感想
美和(井上真央)は懐妊した銀姫(田中麗奈)の世話に大忙し。一方、藩では椋梨藤太(内藤剛志)による粛清が続き、ついには伊之助(大沢たかお)も処刑されることが決まってしまう。美和は彼を救いたいと思うが何もできない。そんな折、女中の日出(江口のりこ)が宴の席で椋梨に毒を盛るように美和をそそのかす…。誰にも告げたことのない伊之助への想いを胸に焦りを募らせる美和。そしてついに伊之助の処刑の日がやっ... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/08/04 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様・・・おはようございます。
まさに今回の立役者・・・わがままな部下を生温かく見守る上司・銀姫と・・・。
長州きっての軍艦乗りでありながら・・・斬首という非業の死を迎える主人公の義理の兄・・・。
素晴らしい描き下ろしでございますね。

役者が頑張っているので・・・アレなのでございますが・・・。
「は・つ・こ・い」というか「はつ恋」というか「初恋」のセリフには
大爆笑してしまいました・・・。
終わった・・・大河の歴史が終わった・・・そんな一瞬でしたな・・・。
キッド
2015/08/03 02:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第31話 「命がけの伝言」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる