渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第23話 「夫の告白」

<<   作成日時 : 2015/06/08 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

奇兵隊で港の防衛強化を行っていた
高杉晋作が急いで宿舎に戻ってきた

京で一大事が起きた
久坂を助けにゃいかん


攘夷派の長州藩が朝廷を主導しようとするのを快く思わない
薩摩藩が会津藩と手を組み、京から長州藩を追い出した

八月二十八日の変である―――――





夏風邪?こじらせたようなので今回は短め


さて長州藩と薩摩藩+会津藩という対立の図式のようですが

実際は長州藩+反長州藩(幕府+薩摩藩)
というような図式なんでしょうね

なんでも長州藩主導でやろうとしたために
周囲から反感を買ったという事なんでしょうね

長州一党独裁のように見えてもうたのでしょうね


それから久坂はとことんついてない男で

そこについてない芸者をもってきて

同じ境遇って事で情を交わしたって事にしたかったようですね



それから夫の告白に対して
それくらい問題ないと明るく振る舞っていたけれど

心の中でどんどん夫を拒絶してしまう


この辺りの文の描写はよかったと思います





前作以降
時折のスローモーションがとても邪魔です


こういう演出をいれる事で
「ここを強調してます」と言ってるようで

それは見る人に委ねたらいいのに
制作サイドの意図をこれ見よがしに主張するみたいで
勘弁してほしいものがあります


今週のイラスト







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 花燃ゆ 】第23回 「夫の告白」感想
文(井上真央)は、弟・敏三郎(森永悠希)が高杉晋作(高良健吾)の率いる奇兵隊に 入隊したいと言い出し、驚く。 耳が聞こえない敏三郎が危険な戦地に出向くことに反対する文だったが…。 その頃、京都にいた久坂玄瑞(東出昌大)は、長州藩の動きを嫌った会津・薩摩藩らの勢力に よって、朝廷から追放されるという政変に遭遇する。 命は無事だったものの、夢破れ自暴自棄になった玄瑞は芸妓の辰路(鈴... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/06/08 02:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
師匠、風邪お大事に〜〜!
くう
2015/06/08 02:58
くう様
ありがとうございます
大分よくなりました; ̄∇ ̄ゞ
ikasama4
2015/06/30 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第23話 「夫の告白」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる