渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第22話 「妻と奇兵隊」

<<   作成日時 : 2015/05/31 22:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

攘夷の決行

その手始めとして
外国船を大筒で撃つ


これにより久坂玄瑞の名声は上がっていった


その話を聞いて
自宅に蟄居している高杉晋作は思う


このまま異国が何もしない訳がない


高杉晋作の見立て通りに

外国船が報復として
長州藩の軍艦と下関の砲台は全て壊滅した


そこで周布政之助は
自ら蟄居していた高杉晋作を急遽召し出す事とした


この難局を乗り越えられるのは高杉晋作しかいないと


高杉は提言する

港湾施設の増強は言うまでもないが
これまでのように武士のみに頼った戦い方では
此度のように敗れてしまう

武士のみならず
長州の漢全てを決起させねば
この長州を救う事は出来ない


そして奇兵隊が設立されたのである――――――





久坂が表舞台に出た時には高杉が影となっていた

それが
高杉が表舞台に出て久坂は失態のために失脚したような状況になっていた

それだけに高杉が活躍してる中で
自分だけが蚊帳の外に置かれたような疎外感を
受けてるような感情を抱いている久坂


それでも誰かが捨て石になってでもやっていかなければならない

吉田松陰先生のように



だから捨て石のような作戦であっても
断行しなければならないという思いが久坂にはある

という事なのでしょうが

結局それもセリフベースですよねぇ

もうちょっと背景を描いてもいいのにと思うのですがねぇ


さて本日大河ドラマストーリー本 後編が届きました

早速描かなければ


今週のイラスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 花燃ゆ 】第22回 「妻と奇兵隊」感想
久坂玄瑞(東出昌大)らによってじょういが決行されたが、アメリカ・フランス艦の 報復攻撃により、長州は壊滅的な打撃を受ける。 文(井上真央)は、異国からの攻撃に備えるための土塁の工事が人手不足で 進んでいないことを知り、女たちの力で作り上げようと考える。 その頃、藩主の毛利敬親(北大路欣也)は迫り来る危機を前に出家していた 高杉晋作(高良健吾)を呼び戻す。 晋作は身分を問わず志... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/06/01 01:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、こんばんは。

ふじこちゃんキタ─(゚∀゚)─!

なんだかんだ・・・女優陣は魅力的なんですよねえ。
もう少し・・・融合できればなあ・・・と思う今日この頃です。
まあ・・・高杉雅が絶好調なので
基本的に問題ないのですが・・・。
主人公はここまできたら・・・ざけんなよっキャラで
いいんじゃないか・・・と思ったりして。
なにしろ・・・久坂妻より高杉妻の方が
夫が派手だしなあ・・・。
今・・・ダブルヒロイン体制でございますよね・・・。

京はまだこの時点では長州の天下ですから
久坂は左遷されたわけではないのに・・・と思ったり・・・。
高杉が上海で何を見たのかは・・・描いてほしいなあと思ったり・・・。
もう一歩なんですよねえ。
勇気を出して踏み込んでもらいたいものです。
キッド
2015/06/01 23:31
キッド様
女優陣は魅力的ですね
特に高杉雅さんは抜群ですねぇ
どうもNHKが推してる女優さんって感じですねぇ
一方でまるで左遷されたような久坂の描かれ方

初登場が「ついてない男」だったので
長州藩がついてない時期は全て久坂のせいでした
とでもいわんかのような感じで描いてますねぇ

そういう描き方もどうかなと思いますし
上海を経て、高杉がどんな経験をして今に至ったのか
全てセリフベースでの説明というなんとも肩透かしをくらう展開

なんだかなぁって感じですね
ikasama4
2015/06/08 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第22話 「妻と奇兵隊」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる