渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第16話 「最後の食卓」

<<   作成日時 : 2015/04/20 00:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

幕府によって
寅次郎は江戸に召喚される事となった



送られれば寅次郎は処刑されるであろう


だがそれは寅次郎が望んだ事であった


その死にこそ
寅次郎はこれまで自分が生きてきたのは
このためであるという思いを抱えていた


一方で最後まで自分は自分を貫けるであろうか


その事を思い悩んでいた―――




寅次郎が江戸に召喚されると知った時の家族の反応とその対応

それぞれにどうなるのかを丁寧に描く、という事だったのでしょうが

あまりにも富永有隣のインパクトが凄すぎてねぇ


貴方はどこの妖術師ですかというような


あのおかげで全然歴史物語としてハマれんかったなぁ; ̄∇ ̄ゞ


今週のイラスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 花燃ゆ 】第16回 「最後の食卓」感想
久坂玄瑞(東出昌大)が京都より無事に戻り、安どする文(井上真央)。 しかし、野山獄に捕えられている吉田松陰(伊勢谷友介)に、江戸幕府からの召喚状が 届いたとの知らせが来る。 詮議にかけられ、死罪が下されるかもしれないという危機に、文はがく然とする。 一方、松陰は静かに出発の日を待っていた。 文は、せめて一日でも兄を家に帰らせたいと思い、奔走する。 そして松陰は最後の一日を文た... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/04/20 01:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasma4様、おはようございます。

ついにイラストあるよ・・・でございますね。
万歳三唱いたしましたことを報告しておきます。

文「寅次郎兄のおかげで夫を得ました」
寿「寅次郎兄のおかげで夫を得ました」

のくりかえしのギャグ最高でございました。

手を変え品を変え
松陰の心情を解き明かそうとする脚本ですが
どうしてもリベラルの人は
「話せばわかる」が前提ですからな。
本質がわかっていない感じになるのでございますよね。
基本的に武士は全員・・・軍人なのでございますから〜・・・。
キッド
2015/04/20 04:38
キッド様
こんばんはです

女の最上の幸せは夫を得る事

そんな風な事がみてとれるこのドラマ
これで少子化対策も完璧みたいな訳でもないでしょうが

目的のためには手段も選ばぬ
その行動が突飛に見えてしまういやらしい描き方をしてきますねぇ

この作品を通じて吉田寅次郎やその門下生達を
貶めてるような気もしなくもないですがねぇ
ikasama4
2015/05/24 20:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第16話 「最後の食卓」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる