渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第14話 「さらば青春」

<<   作成日時 : 2015/04/06 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

吉田寅次郎は
学びたくても学べない者達に学問を説いた

その喜びに門下生達は感動した

この御方は自分の学びたい欲求を満たしてくれる

そして周布政之助が松下村塾の生徒を
登用してくれた事で

ここで学んだ事は間違いではなかったと確信し
吉田寅次郎を盲信していく


そして幕府がアメリカと条約を結んだ事で
寅次郎は幕府に不満をもっていた


議論をするのはいい

大義のため

その寅次郎の言い分はわかる


だが


『無策の幕府では政をなし得る事ができない
こんな幕府なら潰してしまった方がいい

そのためには老中暗殺も必要である』と断言した
寅次郎の言葉を盲信する生徒達


しかしそれは杉家のみならず
長州藩の存続さえも危うくするものであった


吉田稔麿が老中暗殺を計画した手紙と
血判書を周布政之助に提出した


あれほど再三自重するように
寅次郎に言い聞かせていた小田村伊之助は
愕然を通り越して呆れていた


もう寅次郎を庇いきれない



松下村塾は
皆の志をぶつけあう場所だったはずなのに
大事な学舎だったはずなのに


「お前はもう先生と呼ぶに値せん」


松下村塾は閉鎖
若者を扇動した罪で吉田寅次郎を野山獄に繋ぐ事とした


友として兄として

それが自分の勤めなのだと―――――




今の社会に不満を持っていた若者たちが

その不満を解消してくれる方と出会い
敬う中でその指導者たる方が狂っていくのに
妄信的についていく


テロリストができる過程をまざまざと見せられたという感じですね


そして家族の中にテロリストがいた時

その回りの家族はどんな風になっていくのか

その過程も見せられたって感じですね


それから井伊直弼を演じる高橋英樹さんのインタビュー記事が
ホームページに出てたのですが

その中に尾上松緑さんの名前が出てました


記念すべき大河ドラマ第一作「花の生涯」で
尾上松緑さんが演じた主人公というのが井伊直弼さんなんですね

この年代の方々は先輩が演じた井伊直弼をどう見せるのか

色々とこだわりがあるようで

それはそれで楽しみなところですね


今週のイラスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、こんばんは。

早くも葉桜でございます。
大河ドラマではあまり目立たない井伊直弼。

今回は豪華版と言えますな。
「翔ぶが如く」の神山繁とか
「徳川慶喜」の杉良太郎とか
「八重の桜」の榎木孝明とかも記憶にありますが・・・
最近ではやはり・・・
「篤姫」の中村梅雀・・・。
画伯のイラストが強力で井伊直弼と言えば
真っ先にあの顔が浮かんでまいります・・・。
いよいよ・・・死の季節に突入。
ここからどのように描かれるのか・・・楽しみになってまいりました。
テロリストとその家族も・・・なかなか心に沁みましたぞ〜。
それもまた青春ですからねえ。
キッド
2015/04/06 20:21
キッド様
こんばんはです
自分で描いたあのイラストが気に入っていて
知人にお願いしてTシャツを作ってもらい
それを今も着ている今日この頃です

井伊直弼
描き方としてはなかなかですが
演じる方々がどうしてもベテラン陣なので
年々かなり年のいった直弼になってしまいますねぇ

ま、それもまた大河クオリティですがね
ikasama4
2015/05/24 18:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第14話 「さらば青春」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる