渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 花燃ゆ 第3話 「ついてない男」

<<   作成日時 : 2015/01/18 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

吉田寅次郎は武士の身分を剥奪され
父・杉百合之介の預かりとなり

藩主・毛利慶親の許可を得て
10年に渡る遊学を許された

それからまもなくして
浦賀沖にペリー提督率いる異国の船がやってきた

寅次郎は異国の船に興味津々であった

そして寅次郎は国禁を破り
異国の黒船に乗り込んだ―――――






日本は危機の最中にある


日本を憂う気持ちはわかる

だが
しきたりや藩の取り決めを破り
家族をないがしろにしてしまう

もっと正しい道で
やれる事があるはず



この兄と弟の葛藤


物語の主体は吉田松陰とか
歴史の主要なる人物の行動に対して

家族はどう対処したのか

こういうところが主体になっておりますね


それから久坂玄瑞についてWikiでちょいと調べてみた

久坂玄瑞は藩医・久坂家の三男として生まれた

名を秀三郎といった

14歳に母を
その翌年に兄と父を亡くし

秀三郎は久坂家の当主となり
医者として頭を剃り

名を玄瑞と改めた



・・・・・うん?



久坂玄瑞は1840年生まれ

寅次郎が黒船密航を図ったのが1853年


・・・となると久坂玄瑞は今13歳・・・・・あわんぞ?(;´Д`)


これを見ると

寅次郎とその家族の関係を描くだけでも十分だったはずだけど
とりあえず玄瑞と文のその後を鑑みてドラマ的な要素を無理やり
盛り込んでみましたみたいな感じだな


そんなのいらんだろ(゚д゚)


大分出出しでつまづいたな(苦笑)



今週のイラスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。

一応、玄瑞の兄の死→松陰の密航失敗という時系列なので
史実的には問題ないのですが
どうしても中学生と小学生に見えないのがアレですよね。

ものすごく・・・演じているんですが
やはり・・・どうしても・・・アレでございます。
緒川たまき(43)のセーラー服は全然いけてるのになあ。
井上真央(28)は小学生に見えないし
東出昌大(26)は中学生に見えない・・・。

お兄ちゃんと・・・黒船見に行こう・・・
毎週・・・そういう変態エピソードなんだと
思うしかございません。
この大河なんとなく・・・深夜アニメを見ている気分になります・・・。
キッド
2015/01/19 11:23
キッド様
こんばんはです
なるほど、史実的には問題ないですか・・・
個人的にはならば、髪を剃ってないのが
余計に気になるところですが、そこはドラマ的な
あれでそういうのはできないってとこでしょうかね

なんかもう深夜の萌えアニメ風ドラマですなぁ(苦笑)
ikasama4
2015/01/19 23:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
花燃ゆ 第3話 「ついてない男」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる