渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛 第45話 「秀吉の最期」

<<   作成日時 : 2014/11/09 23:54   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

自分の死期を悟った秀吉は
家臣たちに秀頼のことを頼んだ

だが、官兵衛だけはそれを拒んだ

天下は天下の器たる者が動かす

秀頼にその才があるかはわからぬと



官兵衛もわかっていた

秀吉は前ばかり見て
いざ自分の死期を悟った時に
自分が亡くなった後の事を慌ててやろうとした


家康はその隙を見逃さなかった―――――




とまぁこういうところなんでしょうな


流れ的には秀吉は信長の夢に人生をかけ
同じように身を滅ぼしたというところでしょうか


それにつけても
糸姫が熊之助を引き止めていたら・・・みたいな件

この事が原因で離婚して
そして即再婚するって流れにしたいのでしょうかね


三成は五奉行&五大老制度で
問題ないのだと考えているようですが

これまで秀吉の権威をかさにきて政権を動かしていたものを
秀吉の死の間際に作ったような俄仕込みの制度ではねぇ


次回では家康がどのように積極的に動くのか
楽しみですねぇ ̄∇ ̄


今週のイラスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 軍師官兵衛 】第45回 「秀吉の最期」感想
父・如水(岡田准一)と兄・長政(松坂桃李)の後を追い、船で朝鮮へ向かった 熊之助(今井悠貴)は行方不明となり、出発を目撃しながら制止しなかった糸 (高畑充希)は罪悪感を募らせる。 死期が近づいた秀吉(竹中直人)は、豊臣家の先行きを憂い、如水を朝鮮から 呼び戻し、秀頼らの行く末を託すが、如水は意外な答えを口にする。 一方、淀(二階堂ふみ)と三成(田中圭)は天下をうかがう家康(寺尾... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/11/10 00:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。
いよいよ終盤戦でございますが
なんのための作劇なのか・・・首をひねるばかりですな。
主人公はとにかく・・・現代の倫理観に基づいて
正しくあらねばならない・・・
そういう意味では徹頭徹尾ですなあ・・・。
画伯のドラマ化して欲しい戦国武将 「黒田官兵衛」
http://ikasama4.at.webry.info/200909/article_4.html
がせっかくドラマ化されたのに・・・。
とふと思う今日この頃でございます。
キッド
2014/11/10 04:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍師官兵衛 第45話 「秀吉の最期」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる