渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛 第43話 「如水誕生」

<<   作成日時 : 2014/10/27 00:14   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

官兵衛は己の咎を許してもらうため

出家して「如水円清」と名乗った

そして改めて隠居を願い出た


これ以上
政に関わって
おのが命を危うくしない
官兵衛の考えであった―――――



相変わらず
瓜売りとか全部セリフの説明なんですよねぇ

こういうシーンは
「独眼竜政宗」ではやったんですけどねぇ

序盤ちょっと信長のシーンにあれこれ
時間取り過ぎて終盤にきてその余波がきてるって感じでしょうか


官兵衛の出家を大々的に描いた訳ですが
小牧・長久手で登場してもよかった秀次が
ようやく登場ですからねぇ

小寺政職の頃と似たような描写をしてきましたが
あのシーンはいれる必要があったのでしょうかねぇ


とにかく史実に必要な事項に関して
突如登場する人物

足りない所は全部セリフとナレーションで補完


こういう事にするのなら
別段ラジオドラマで十分なのですがねぇ


それと黒田長政が囲碁をする事がないので
猪武者という扱いになってしまわせてる訳ですが


家康と長政のシーンに関しては
福島正則に薬を盛ってわざとああいう話をして
黒田を籠絡した

みたいな感じでしたでしょうかね


今週のイラスト





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 軍師官兵衛 】第43回 「如水(じょすい)誕生」感想
三成(田中圭)のわなにかかり秀吉(竹中直人)のげきりんに触れた官兵衛 (岡田准一)は、てい髪し如水円清と名乗って秀吉の許しを請う。 おね(黒木瞳)からの助命嘆願や淀(二階堂ふみ)が新たな世継ぎ・拾(後の秀頼)を 産んだこともあり、何とか切腹を免れた如水は隠居を宣言。 一方秀吉は実子を得たことで関白の座をおいの秀次(中尾明慶)に譲ったことを後悔し 両者にあつれきが生じる。 秀次... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/10/27 14:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。

三成や茶々を演じるキャストの皆様の底力は堪能できるのですが
肝心の本編の感動が薄いのですよねえ。
秀次謀反の黒幕が官兵衛であった・・・くらいの
大胆なフィクションが欲しいですよねえ。
実際、文禄と慶長の休戦期に・・・
半島から帰還して・・・秀次始末して
戦線に復帰ですからな。
連座して切腹の従兄弟の明石氏のことなんかを
からめてくれば・・・
かなりの非情のライセンスになるのに・・・。
全くもって残念無念でございます。
それはそれとして・・・黒田如水最高でございました。
キッド
2014/10/27 03:53
キッド様
こんばんはです
俳優が演じる役については深みがあるものの
それを織りなす世界たる物語はとっても薄いのですよね

個人的には宇喜多秀家との関係も描いてほしかったものですが
なんともねぇ・・・
ikasama4
2014/11/11 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍師官兵衛 第43話 「如水誕生」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる