渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛 第42話 「太閤の野望」

<<   作成日時 : 2014/10/20 00:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2


石田三成の野心の見せ方も唐突でしたが

増田長盛
浅野長吉
宇喜多秀家
豊臣秀次

これらのメンツの登場の仕方も唐突ですね

でもって
事の経緯も唐突なんですよねぇ


びっくりするのが
官兵衛と小早川と家康以外は
全部小者キャラですよ

あまりにも官兵衛すごいぞ
みたいな持ち上げ方をするのも
どうかとは思うのですがねぇ

ここまでして
三成をおとしめる必要があるのかと
思う今日この頃です


イラストはお休みです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 軍師官兵衛 】第42回 「太閤の野望」感想
秀吉(竹中直人)は諸大名に渡海しての出兵を命じ、自らは官兵衛(岡田准一)に 築かせた肥前名護屋城に陣取った。 関白の座を譲り太閤と称する天下人・秀吉を止められる者はもはや誰もおらず、 官兵衛や長政(松坂桃李)も朝鮮へと出陣する。 破竹の勢いで半島を進撃した日本の軍勢だったが、次第に戦況は悪化、官兵衛は 首都を死守せよとの秀吉の命を無視し全軍の撤退を提案。 そんな中、淀(二階堂... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/10/20 01:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。

新登場の武将たちは皆、秀吉に縁深いものたち・・・。
ということは・・・播磨時代にもずっと
いたはずですが・・・
どこにいたんだ〜・・・でございますよねえ。
まあ、小六はおれども前将はおらず。
佐々はいるけど前田はいない的に・・・
妙な省略をする世にも奇妙な世界の話ですからな〜。
なんとなく朝鮮半島。
なんとなく戦場・・・。
黒田の陣に負傷者多数の描写があるわけですが・・・
敵の首級は・・・首級はどこですかああああっ。
と叫びたい今日この頃でございます。
キッド
2014/10/20 06:06
キッド様
こんばんはです
前野さんも出てきませんでしたねぇ

黒田と関わりのない武将は徹底的に出さない
関わりがある段階で登場、みたいな感じですよねぇ

ここのところ、序盤にあったような血の描写は一切排除ですねぇ
ikasama4
2014/11/11 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍師官兵衛 第42話 「太閤の野望」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる