渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛 第39話 「後を継ぐ者」

<<   作成日時 : 2014/09/28 22:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2




官兵衛は隠居し
家督を嫡男・長政に譲ると宣言した

秀吉が官兵衛を警戒している


自分にはその野心がない事を証明するために



長政は自分には早過ぎると躊躇していた


そんな息子の姿に
官兵衛はかつて自分が若かりし頃

父・職隆が
当時の主君であった小寺政職に疑念をかけられ
それを払しょくするために隠居して家督を自分に
譲られた事を思い出した

あの時の自分は長政と同じ事を言っていた―――――



予想通り
かつて小寺家に仕えていた父が
主君に疑念をかけられて隠居し家督を自分に譲った展開を

ここに持ってきましたね


秀吉には譜代の家臣がいない事を
コンプレックスのひとつにしてますが

それでよく黒田の譜代の家臣なり
家康の譜代の家臣とかがピックアップされるようですな


そして秀吉は完全に茶々にいれあげ
茶々は悪女状態 ̄∇ ̄


一方で三成があんなに官兵衛を排除しようとするのか

ちょっとピンとこないところがありますね


昔からそんな野心家だったのか
そういうところの描写がこれまでなく

ここ最近いきなりそういうキャラになってますからね


次回は小田原攻めですが
官兵衛が水攻めで備中高松城を制したので

三成が官兵衛よりも自分が上だと示すために
忍城での水攻めを決行して失敗したという

そういうところでの対比はあるのでしょうかね


後は山上宗二の死を描くことで
千利休との溝も描くってことになるのでしょうか

それにつけても台詞での説明が多い大河ですな



今週のイラスト


ちなみにこれは「天地人」のときのものです

同じ役をやられたということで; ̄∇ ̄ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
軍師官兵衛 第39回「跡を継ぐ者」
ここのところずっと官兵衛にことを遠ざけているように見えた秀吉ですが、実は官兵衛の先見の明には信頼を寄せていることが判明し、この2人の雰囲気は今までにないくらいいいものになっていました。それが分かったのは家康から秀吉が次の天下人として警戒されていると感じた官兵衛が自ら隠居を申し出るところ。秀吉はその申し出に対して頑なにうんとは言いません。 この後三成に対して官兵衛と自分のことに対して口を挟むなと厳しく言われるところから見ても、官兵衛と秀吉の間には深い絆があるのだと改めて感じます。それを実際の場面で... ...続きを見る
あしたまにあーな
2014/09/28 22:43
【 軍師官兵衛 】第39回 「跡を継ぐ者」感想
官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下人」 として自分を警戒していると聞きがく然とする。 疑念を解くため長政(松坂桃李)に家督を譲ると申し出るが、秀吉は認めてくれない。 そんな中、茶々(二階堂ふみ)が懐妊。 実子がいなかった秀吉は大喜びするが、茶々に夢中なことを風刺した落書に激怒し、 疑わしき者を次々と処刑する。 秀吉の暴走を止めるため、おね(黒... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/09/29 00:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、こんにちは。

御嶽山噴火でお茶の間に釘付けになっておりまして
遅くなってしまいました。
この世に絶対安全な場所は本当にありませんな。
権力者が恐ろしいことをするのと同じくらい
油断できません。
戦国武将でも妻や子が可愛いものはいるわけです。
家康は・・・それを殺している男。
このドラマではその部分が描かれていないので
妻子を慈しんだ官兵衛との対比が
歴史抜きでは感じられないのが残念ですなあ。
これから・・・甥を殺すことになる関白も
そのフリがないので
きっとふわっとしていることでしょうねえ。
官兵衛が愛妻家だったかどうかは別として・・・
ほとんど戦場と土牢にいたわけで
亭主元気で留守がいい感じだったと思えます。
きっと会えない時間が愛育てたのでしょうなあ。
二階堂茶々の存在感だけが印象に残る今日この頃でございます。
北条氏政・・・懐かしゅうございました。
キッド
2014/09/30 12:21
キッド様
こんばんはです
かつて父が主君の疑いを晴らすために隠居したように
自分もまた父と同じ道をたどっている

この辺は予想通りの展開でしたが
個人的には序盤でもっと宇喜多直家を全面に出して
彼の謀略に対する恐怖と、そこから自分がどうあるべきか
見つめ、時に直家のような謀略も厭わない

そういう風な見せ方をしたら
もっと官兵衛の存在に深みが出たのではと思ったりするのですが

なんかもう官兵衛と信長と秀吉と家康とを
同じ主人公のくくりで描いていて、そこがなんともかんとも
違和感を覚えてしまいますね
ikasama4
2014/11/11 20:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍師官兵衛 第39話 「後を継ぐ者」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる