渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛 第27話 「高松城水攻め」

<<   作成日時 : 2014/07/06 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2


今作品での本能寺の変は

信長が「この日の本に王は二人もいらぬ」と発言した事から

信長は天皇を排除しようとした


尊王思想の明智光秀は
このような主君の暴挙を止めるため
あえて主君を討った


というところでしょうか


大分やりつくした感があるから
こういうのはナレーションベースにして
事実だけ伝えて官兵衛主体に専念する方がいいのだと思うのですが

どうしても信長を描きたいのでしょうかねぇ


折角
官兵衛と小早川隆景・安国寺恵瓊との交渉シーンは
なかなかよかったのですから

毛利家が「苦しめられた」というのも
鳥取城のことがあったからでしょうしねぇ


ただそういう背景が
このドラマでは全く伝わりませんヽ(;´Д`)ノ


絶対これ描き方間違えたな


もうひとつ驚いたのはあれ

寺尾聡さん演じる徳川家康


もうねぇ
完全に家康が信長よりも年上で
信長が家康に敬意を払ってる感じがしますね

大物感ありすぎて
逆に信長が小者になってしまうわな


それと声質

家康の声が低いのはいいんだけど
江口さん演じる信長の声質が以前と変わらず
歳の差を余計に感じさせてしまったような気がしますね




今週のイラスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 軍師官兵衛 】第27回 「高松城水攻め」感想
官兵衛(岡田准一)は、毛利が守る備中高松城を攻めるにあたり,川の流れをせき止め 城を水に沈める前代未聞の奇策「水攻め」を実行、秀吉(竹中直人)を驚かせる。 姫路では、出奔していた又兵衛(塚本高史)が光(中谷美紀)と再会、黒田家に仕える事に。 一方、安土城を訪問した徳川家康(寺尾聰)の饗応役を務めた光秀(春風亭小朝)は、信長 (江口洋介)から叱責され、さらに衝撃の野望を聞かされ、つ... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/07/07 00:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。
夏ドラマが始ったばかりなのに
ややタイトなスケジュールが発生し、ご挨拶遅れました。
とにかく・・・小早川隆景の完成に・・・
歓喜でございます。
二人、光秀状態脱出記念でございます。
小朝光秀がいい味出しているだけに
ものすごくシュールなキャスティングで
驚きですな。
ただ・・・息子を信長に殺されて
家康は顔面神経痛になり
二十歳ほど老けこんだと考えると
物凄い演技プランなのかもしれません。
一方、隆景は地味ながらも
大毛利家を支える苦渋が少し滲み出た今回。
もう少し脚本が掘り下げてくれればいいのに・・・。
そういう残念な感じがありますな。
人生と言う名の大河ドラマが見たいものです・・・。
キッド
2014/07/07 21:35
キッド様
夏ドラマチェックご苦労さまです
最近は何かと仕事が忙しいのもありますが
今期はなかなか触手が動きそうにない
ドラマばかりな印象を受けます; ̄∇ ̄ゞ

小早川喜んでいただけてなによりです
本来は鳥取城攻めでの兵糧購入による為替戦争が
結構な見応えだったりするのですが
どうもそういうのは地味だと判断したのでしょうかね

それはそれでなんともがっかりですね
ikasama4
2014/07/09 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍師官兵衛 第27話 「高松城水攻め」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる