渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛 第21話 「松寿丸の命」

<<   作成日時 : 2014/05/26 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

さてさて
官兵衛が牢獄に囚われている間

官兵衛の周囲の方々は色々と苦悩と葛藤の日々を送っていた



この辺の展開は
「風林火山」で勘助が越後で囚われていた状況と
かぶる訳なんですが

この作品の時にはとっても楽しかったのに

今の作品ではなんとも思わないのは

何につけても主人公の特異とも言えるほどの存在感が
まったく伝わってこないところにあるのかもしれません


なんともかんとも; ̄∇ ̄



今週のイラスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 軍師官兵衛 】第21回 「松寿丸の命」感想
官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)の怒りを買い、劣悪な土ろうに閉じ込められてしまう。 善助(濱田岳)ら家臣団が有岡城下に潜入、救出の機会をうかがう中、信長(江口洋介)が 有岡城を総攻撃するも大敗。 官兵衛が村重に策を授けたと思い込んだ信長は、官兵衛の嫡男、松寿丸(若山耀人)を 殺すよう秀吉(竹中直人)に命じる。 ためらう秀吉に代わり半兵衛(谷原章介)が実行を引き受け、松寿丸を... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/05/26 03:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。
虜囚の身でありながら
戦場の様子を手にとるように窺う官兵衛の描写などを見るにつけ
その観測力があったならば
虜囚の辱めを受けることはなかったのであるまいかと
つい・・・意地悪な大人の視線を注いでしまう今日この頃。
東京も深夜だというのにじわじわと
汗ばむ季節でございます。
冬は冷たく・・・夏は熱い岩窟なのかどうか・・・
それすらも伝わってこない大河ですな。
しかし・・・だしに膝枕してもらえるのは
ちょっとうらやましかったりなんかして・・・。
キッド
2014/05/26 03:37
キッド様
おはようございます
洞察力があっても
武士としての矜持を選択した

みたいな事で描けばよかったのに

どうしても
どこか抜けてる

そういうのを人間らしさのポイントに
したいのでしょうけど

やれやれですねぇ

後は土牢の位置関係がようわからんですかな

自分もちょっとだしの膝枕は羨ましかった(〃∇〃)ゞ
ikasama4
2014/06/16 07:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍師官兵衛 第21話 「松寿丸の命」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる