渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛 第11話 「命がけの宴」

<<   作成日時 : 2014/03/17 01:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

さてさて今回の官兵衛は


宇喜多に
織田家への寝返りをすすめる官兵衛に対して
織田家への寝返りをしていた家臣を毒殺する事で
返答する宇喜多さんはなかなかでしたが

それ以外はねぇ

秀吉の行動に怒り心頭でしたが

どうも序盤と比べると物語に応じて
官兵衛の性格が変わってるんですよねぇ


ここが実に一番いただけないです


今週のイラスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【 軍師官兵衛 】第11回 「命がけの宴(うたげ)」感想
秀吉(竹中直人)の播磨出兵の知らせに、喜ぶ官兵衛(岡田准一)。 だが、信長(江口洋介)は勢いを増す反信長同盟に対抗するため、播磨出兵の延期を命じる。 官兵衛は、このままでは織田についた播磨の大名が離反してしまうと東奔西走。 備前の梟雄・宇喜多直家(陣内孝則)やキリシタン大名・高山右近(生田斗真)らと出会う。 そんな中、北国攻めに駆りだされていた秀吉が信長に無断で帰国。 切腹の危... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/03/17 03:45
軍師官兵衛 第11回「命がけの宴(うたげ)」
毛利の水軍の強さを少し見ることができるかなと期待していたのですが、オープニングの1分程度しか出てこずちょっと残念。まだ物語として毛利という存在の大きさをあまり露出せずに、イメージだけ膨らませる作戦なのかもしれません。足利義昭も完全に悪者のような風貌になってしまっていて、信長演じる江口洋介が英雄であるかのような演出はやむを得ないのかもしれませんが、もう少し中立的な描写でもいいのかなと思ってしまいます。 そんな信長水軍の敗北により各地の武士達は反旗を翻しはじめることになります。それは官兵衛がいる播磨... ...続きを見る
あしたまにあーな
2014/03/17 22:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、おはようございます。

大地震発生のお見舞い申し上げまする。
御無事でよろしゅうございました。
明日は我が身でございますからねえ。
そして・・・信長と対峙すれば寿命が尽きる
龍虎の虎・・・描き下ろし・・・幽玄でございまする。
とにかく・・・毒殺の陣内登場で糊口をしのぎました今回。
なんていうか・・・すべて唐突なんですな。
もう少し・・・フリがあれば
もっとおどろおどろしさを楽しめるのに・・・。
まあ・・・世間がそういうものを求めていないのでは
しょうがないのかもしれませんなあ・・・・・・・・・。
キッド
2014/03/17 04:21
キッド様
こんばんはです

あの夜揺れてから一睡も出来ませんでした
ちょっと阪神大震災のトラウマが蘇りました

この先どうなるかわかりませんな

なんかやたらストップモーションやら
スローモーションやら多用して

つくづくちゃちぃドラマに成り下がってしまいました
やれやれですヽ(;´Д`)ノ
ikasama4
2014/04/08 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍師官兵衛 第11話 「命がけの宴」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる