渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年第3クール ドラマ 雑感

<<   作成日時 : 2013/09/23 22:24   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

仕事でもぐったりですが
最近医者から「肝臓が弱ってますね」って言われて
最近体調が芳しくないから食事の改善とかあれこれ
してみたりしてる今日この頃


さて、今期のドラマがひととおり終わりました


今期の中で秀逸な作品は


半沢直樹
Woman
夫婦善哉


というか
この3作品が突出してました



「半沢直樹」は銀行を舞台に


「人の善意は信じます
やられたらやり返す
倍返しだ」


という勧善懲悪モノ
現代版・水戸黄門のようなこの物語



「Woman」は
シングルマザーとなって二人の子供を育てる女性

しかし家事と仕事の両立は難しく

そこにかつて自分を捨てた母親と出会い
そしてその母親には異父妹がいて

その彼女が亡き夫の死に関わっていた

そして骨髄移植が必要な病気にかかってしまう


この両方の作品はどちらも
不幸のオンパレード


でもって
どの作品も主人公が道を切り開く


半沢直樹の場合
1話のラストでそういう展開を入れてきましたが

Womanの場合
少しずつ
少しずつ

そして後半からどんどんその願いが叶っていく

みたいな感じでしたかね


その主人公の頑張りに
周囲の方々がどんどん応援していく


半沢と大和田との最後の勝負における
半沢の勝利


その時の喜び以上に


千春の妹・栞の骨髄が適合したとの検査結果に
千春もですが千春の家族そして主治医の方も喜んだ


序盤の抑圧された悲しい展開からの
このラストだけにインパクトも絶大です


それもこれも一番に脚本

そして演出


半沢直樹は勧善懲悪モノとする中で

主人公にやられる登場人物をこれでもかと
嫌〜で悪〜いキャラに仕上げてくれました

そういうのを主人公が叩き潰す

それがわかっているから
「どんな風にこいつをやっつけてくれるだろう」
みたいな期待感と

やっつけた後の爽快感がたまらないですね



Womanはさりげない台詞回しに
説明的な台詞は省いて
その登場人物のさりげない表情と動きで

物語の内容を説明させる

ここがこの坂元脚本の作品での一番のポイントですな



それから堺雅人さんも満島ひかりさんも
今回の作品で長回しの台詞も華麗にこなしていました


二人共すごいですね


満島さんはNGも少なくて
現場では「女版・堺雅人」と呼ばれているとか


まぁ主演の俳優さんのみならず
脇を固める俳優さんもしっかり演技のできる方を
集めているというのも物語をより見せるものに
なっていたというところ


それを考えると
今作は実力を兼ね備えた俳優さんと
たしかな脚本と演出が揃ったドラマが見せてくれた

ということでしょうかね ̄∇ ̄




そして夫婦善哉

これは全4話ながら
こちらも脚本・演出・映像・そして出演者

そのどれもが素晴らしかったです


森山さんと尾野真千子さんとの演技対決みたいな

そういうところも感じられて面白かったです



これらが飛び抜けてました





さて、それ以外の作品はというと

Doctors2は主演の沢村一樹さんの飄々としていながらも
掴みどころのない役もよかったですが


高嶋政伸さん演じる森山のキャラが突出してましたかね



救命病棟24時に関しては
楓以外以前のシーズンに出てたレギュラー陣が出ないのがねぇ

主演以外は全部総とっかえみたいなのは限界があると思いますよ

後キャスティングに
「純と愛」の主要キャストを加えた事についても
ちょいと視聴者に媚びた印象がありますかね



月9はねぇ

もう型抜きしてるみたいな

こういうドラマの型があって
キャスティングがこんなのなんで

こんなドラマの型に合わせてみました

みたいな



スターマン
これについては

堤さん演出の作品はフジテレビにはあわないと思う

TBSかテレ朝がいいと思う


制作枠でも結構物語の雰囲気とか大きく左右されやすいと思う


そういう点ではこの枠でのこの作品は
個人的にはハズレでしたかな



後は激流を見たくらいかな; ̄∇ ̄ゞ


なんか
山本さんの生え際がすごい事になってたな

って印象の方がでかかった; ̄∇ ̄ゞ



今期は大体こんな感じです ̄∇ ̄ノ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【2013年(平成25年)7月期 夏クールドラマ総評 】独断と偏見のベストドラマ賞とランキング
毎度お馴染みのちょ〜独断と偏見の7月期クールドラマ総評です。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2013/10/01 01:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年第3クール ドラマ 雑感 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる