渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年第1クール ドラマ 雑感

<<   作成日時 : 2013/03/29 00:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

ちょっと遅れました
今期のドラマの総括をば


最高の離婚
脚本、演出、セリフ回しが素晴らしかったですね



女性は好きになると許す
男性は好きになると許さなくなる

とのセリフもあるように
男性と女性は正反対

そもそもそんな二人が合うはずがない

しょっちゅう互いの愚痴をこぼしてみたりなんかして

でも、そういうところが実は面白かったりして

夫婦が長続きするところかもしれないってとこでしょうか


それと物語の前半と後半で
おもいっきりそれを覆すような感じで楽しませてくれました

それを象徴するかのように

序盤は男性の視点での思いを語らせ
後半はそれを覆すような女性の視点での思いを語らせ

そして

それが物語後半になると

序盤は女性の視点での思いを語らせ
後半はそれを覆すような男性の視点での思いを語らせ


また序盤は
軽い音楽とコメディタッチの雰囲気で描き

後半は
無音と役者の演技で見せる


この辺の前半と後半のコントラストがよかったです


また、ゲスト陣も結構豪華でした

一番に気になったのはエンディングでの
4人のダンスですかね

毎回あのエンディングもホント楽しみでした ̄∇ ̄






泣くな、はらちゃん

漫画の世界と現実の世界
それぞれの世界に生きる人々
これらの世界にある方がもつ観念の違い

特に漫画の世界の住人の描き方に関しては見事でした

これを演じる役者さんの技量が試されますな ̄∇ ̄


ただ、コミカルなだけでなく
漫画の世界というのはその漫画を描いた人が
自分の世界の汚れた部分とかそういうものを
一切排除した世界

それだけに皆無垢なんですよね

その無垢な漫画の住人と現実の世界の方々との交流が実に面白いですね


いやぁよく練られています


お互い世界の違う人達だけれども思いは通じ合える


そんなファンタジー要素満載の作品でした




シェアハウスの恋人

自分に自信が持てない女性と
その女性に恋をした宇宙人と
その宇宙人に恋をした男性という

見事なまでの片思いのトライアングルとなった
三人がシェアハウスに同居する物語


これは実に見事でしたねぇ


こちらも地球人と宇宙人
世界の違う人達だけれども
思いは通じ合えるって感じでした

今回、この日テレで放送されたドラマは
どちらも舞台で演じられる作品って雰囲気を感じました




dinner

私はTBSの作品は間違いないと思いましたが
以前NHKで同じ作品を見たこともありこちらを見ましたが
これまであったこの枠の中では個人的にかなり上位に入ります

ドラマのテンポとか役者さんの掛け合いとか実によかったと思います

それと全体的にコミカルに仕立てたとこもよかったかなと

惜しむらくは第一話だけ
あそこだけがちとぎこちないというか

全体的に役者の皆さんのキャラがちと定まってなかったかなって





ビブリア古書堂の事件手帖

物語としては面白かったとは思うのですが
ちょっと役者さんの技量というか、雰囲気を演じるという点では
厳しいかなと思えるところがありました

原作を全く知らない私ですが
そういうとこで他のドラマと比べると
ちと見劣りするかなって印象を受けました






ラストホープ

海外ドラマ「LOST」のような
登場人物の現代と過去を交互に描いて
それぞれの繋がりを見せるという演出構成でしたが

各主要な登場人物の過去を毎回入れてくるもんだから
物語の流れとかが分断されて逆に見辛いものになりました

手術に関してテンポよくいこうとしたところが
各人物の過去を挿入することで寸断するばかりでなく




サキ

前作の続編というか
エピソードゼロみたいな感じの物語

ざっくり言うと、以前日テレであったドラマ「ザ・クイズショー」と
構成は似てたかなって感じですかね

でもってサキのキャラを前面に押し出したって事もあり
ちとネタドラマっぽい感じになってしまったかな





おトメさん
悪くないドラマだとは思うけど
どうも後半の展開を見るに、後半の脚本が
そこまで出来てなかったからかもしれないけど
序盤と後半とでのキャラにちとブレがあるように思えてしまい
そこがちぃと個人的に残念なとこでした




信長のシェフ

歴史考証の部分は度外視するとして
コスプレ時代劇としては皆ノリノリで楽しんでた感じですね

特に及川さんの信長はいけてました ̄∇ ̄b



全体的にやはりフジとTBSは相変わらずのキャスティング重視





後は全く見てないです





全体的に今期のドラマは
世界の違う者達でも時間をかける事で通じ合える

そういう流れの物語が全体的に多かったですかね





個人的近況ですが
もう何かと今は忙しいというか

とうとう、うちの親父の認知症がひどくなって
精神病院に明日行くことになりました


この先、どうなるかはわかりませんが

母親に言わせてみれば

後はまぁなるようになるもんさ、って事だそうです




そんなこんなで今期はお疲れ様でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【2013年(平成25年)1月期 冬クールドラマ総評 】独断と偏見のベストドラマ賞とランキング
毎度お馴染みのちょ〜独断と偏見の1月期クールドラマ総評です。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2013/04/01 00:01
2013冬クール ドラマ評
開始前にはこんな気持ちでいたというのに、終わってみればあららのら〜(笑) ...続きを見る
あるがまま・・・
2013/04/02 17:03
レイバン メガネ
2013年第1クール ドラマ 雑感 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン メガネ
2013/07/06 02:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今期もお疲れ様でございました(_ _)

なかなか面白くてバラエティに富んだクールでしたが…最終的には「はらちゃん」と「離婚」があれば良かったかなって感じではあります^^;
私は後は深夜帯ドラマを楽しみましたわ。今期は特に秀逸でした。
来期は今期に比べると今ひとつな感じがするので少しはお休みできるのでは〜。
お父様のこと、どうぞお大事に。
師匠もお身体大切にして下さいませね〜。
ではまた来期もよろしくです。
くう
2013/04/01 00:05
今期はいろいろと見ましたが、オリジナルの
作品が結構面白かったですね。
やれば出来るじゃんっていう印象でした。
その割には原作ありのほうが変な脚色をしたせいで
残念な結果になるっていうことが多かった気がします。
みのむし
2013/04/01 16:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年第1クール ドラマ 雑感 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる