渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜 第1話「ならぬことはならぬ」

<<   作成日時 : 2013/01/06 22:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 4

山本八重は
会津藩砲術指南役の家柄である山本権八と佐久夫妻との間に生まれた

八重は父の後を継いで砲術指南役となっていた兄・覚馬に憧れていた


自分も兄のように鉄砲さ、撃ちたぁ


だが、父・権八は反対した


女子は薙刀さえやればよいと


何故男は鉄砲がよくて女は鉄砲がダメなのか問うとても



ならぬことはならぬ



そう言うばかりであった



それから間もなく松平容保が会津にお国入りを果たした


会津藩23万石は徳川秀忠の子・保科正之が入封し以降
松平家が支配することになった

だが、5代藩主・容頌の世嗣であった容詮が急死
またその子である6代藩主・容住もまもなく急死
その子である容衆が7代藩主となったのだが、この時、容衆は4歳
相次ぐ藩主の急死にもし容衆が急死すれば
会津松平家は断絶してしまう

そう考えた会津藩家臣達は徳川御三家の血を引く
美濃高須藩主・松平義和が高須藩相続前にもうけた庶子を
万が一のために極秘裏に引き取られ、容衆の異母弟として
幕府に届けられた


そうして容衆がまもなく急死し、件の容衆の異母弟が
家督を相続することとなった


それが8代藩主・容敬であり


その容敬には男子がなかったので婿養子をとる事となった

その者というのが容敬の実兄の子である、松平容保であった




                 水
                徳戸
                川6
                治
                保
                │
      ┌─────────┤
      │高        │水
      松須        │戸
      平9        治7
      義         紀
      和         │
      │         │
      │         │
    ┌─┴─┐     ┌─┴─┐
    │会  │高    │   │
    松津  松須    │水  │水
    平8  平10    │戸  │戸
    容   義     斉9  斉8
    敬   建     昭   脩  
    │   │            
    │   │            
    │   │会      
    │   │津      
    娘━━━容9          
        保      
                     


容保公はそこで会津の家訓と
会津の人々に根付いている「什の掟」を体現することとなった



一、年長者の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです


それから間もなく追鳥狩が行われることとなった

山野にて鳥を放ち、兵らにそれを追わせるのであるが
軍事演習もかねていた

また、その鳥を一番に捕まえた者は
一番首を獲ったに等しい


毎年、その一番首を獲るのは西郷頼母であった

今回も張り切っていた頼母であったのだが
いざ鳥を捕えようとして馬に乗って走らせたその時

突然何かが落ちてきて馬が驚き危うく落馬しそうになった


どうもそれは童の草履であった


頼母が周りに怒鳴り散らすと申し訳なさそうに八重が誤った


木の上から追鳥狩を見ようとして
木から落ちそうになり、それで草履が落ちてしまったらしい


そこに八重と一緒に木のぼりしていた童達もやってきて
頼母に謝った


そこに容保公がやってきた

この童達も上へ上へ登ろうとして競い合ったのであろう

武士らしく名乗って出たのだ
だから許してやれと


だが、頼母は頑として譲らなかった


それではものの道理が成り立ちませぬ
ならぬことはならぬのです


八重と童達は竹篦の刑に処された



そうして覚馬から事の次第を聞いた権八はひどく狼狽し
八重をこっぴどく叱りつけ蔵に閉じ込めた


それはそうであろう
下手をすれば御家が取り潰しになってもおかしくなかったからだ



だが、八重は藩主・容保公にお優しいお言葉をかけて頂いた事が
とても嬉しかった


あの藩主様のために力になりてぇ

そのために鉄砲さ撃ちてぇ



それから年があけ
浦賀にペリーが軍艦を伴ってやってきた


それを受けて幕府は浦賀に砲台を設置することにした

そのため各藩より優秀な人材を江戸・佐久間象山塾に集めて
西洋の砲術を学ばせることとなった


会津藩ではその人材に覚馬が選ばれた


覚馬が江戸に来て驚いたのは
如何に自分が西洋の事に関して無知であるかという事であった


佐久間象山という先生は不遜な物言いではあるものの
その言葉には納得であった


異国を知る目

異国の知識を学び
その知識をもって異国と対抗する


西洋人に作れるのであれば
日本人にも作れるはず


その第一弾として佐久間象山は黒船を作ることを考えていた


その発想が覚馬にはなかった

その事を思い知らされた覚馬はその日から
一心不乱に西洋の学問を学び始めた

今の自分はこの佐久間象山の下にいる人達と大分遅れているのだから



そうして会津にいる八重も独学で砲術を学んでいた


二人の思いはただひとつ


会津のためになるために―――――――





いやぁ実に面白かったですなぁ

もうあれですな

NHKは綾瀬さんと心中する覚悟がある、って感じさせるOPでしたな


それから


西洋砲術を学ぶために江戸にやってきた覚馬

だが、あまりにも知らぬことばかり

江戸に来て早速学んだのは


異国を知る目


ペリーの黒船に対抗するため
浦賀に砲台を設置するために
西洋の砲術を学ぶために江戸にやってきた覚馬でしたが

そこで現れた佐久間象山が異彩を放っておりましたなぁ



異国の知識を学び
その知識をもって異国と対抗する


西洋人に作れるのであれば
日本人にも作れるはず


その意志のもとに独学で西洋の学問を学ぶ



それが女子は砲術など学ぶべきではないと
父親に言われているにも関わらず

独学で砲術を学ぶ八重とその姿が重なる訳ですな




さて、ドラマの展開としては実に映像が素晴らしい

会津という土地の美しさを見せてくれますね


この土地がいずれ会津戦争によって荒野となり果てる


そういう伏線もあるようですなぁ


それにしても初っ端から死にそうな方がいっぱい出てくるなぁ; ̄∇ ̄ゞ

描く方が大変じゃないかぁ; ̄∇ ̄ゞ




今回のイラスト








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2013年を迎えて
色々と充実した1年となった2012年。 子育てでも上の子供では感じることができなかった様々な成長の変化点を観察するゆとりをもつことができるようになったりして、すくすくと育ってくれています。 仕事の面でも7月より環境が変化し、今まで経験したことのない違った分野で毎日が発見の刺激的な毎日を送ることが出来ました。 2013年は仕事もプライベートも心の余裕を2012年よりももって、新しい発見を数多く見つけていくと共に、皆様に読んでいただけるような記事を書いて行けたらいいなと思っています。 本年もよろしく... ...続きを見る
あしたまにあーな
2013/01/06 23:42
【八重の桜】第1回 「ならぬことはならぬ」感想
山本八重(鈴木梨央)は、会津藩砲術指南役の娘として生まれ、男勝りで負けん気が強く、 父・権八(松重豊)や母・佐久(風吹ジュン)も手を焼いていた。 八重が慕ってやまないのが、文武に秀でた兄・覚馬... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2013/01/07 01:57
八重の桜
第一回「ならぬことはならぬ」 ...続きを見る
AKIRAのドラマノート
2013/01/07 11:09
【八重の桜】初回感想と視聴率好発進♪「な...
注目の初回視聴率は、21.4%(関東地区)でした。これは、すごいですね♪(^^)関東の『平清盛』初回は17.3%、『江』初回は、21.7%、『篤姫』初回は、20.3%で... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2013/01/08 22:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
始まりましたねぇ。
主役がはるかちゃんだということで、もの凄く世間の期待値が高かったので、初回の評価を聞いてNHKさんも祝杯挙げただろうと( 〃▽〃)
たぶん視聴率もかなり行っている事でしょう。

OPはね…映像がちょっと…ファンのためですか、と聞きたい感じでした^^;
でも、まぁ…はるかちゃんだからあれでいいのでしょうか…。

しかし、決してキャスト頼みではないシッカリした内容でしたよね。
面白かったです。

そして、こちらとしましては、あの男子ィズの面々ならば八重役が山田花子でもシズちゃんでも構いませぬ( 〃▽〃)
あっ…ダメですか?ダメですよね。
ふふっ、では1年、はるかちゃんをお楽しみください。

今年の大河は自分的にはヒジョーに暗い部分なので、師匠の所でお勉強させていただきます。
よろしくお願いいたします。
くう
2013/01/07 02:09
ikasama4様、謹賀新年でございます。

一瞬で出番終了の松平容敬・・・。
次にどの時代に飛ぶのかによっては徳川斉昭も終了だったりして・・・。
大変な感じですがマイペースでお願いいたします。

まあ・・・リーガルハイ的には将軍があの人だとすると
篤姫はガッキーで充分に妄想できました。

今回はくのいちも女スパイの段階に突入するので
どこまで妄想できるのか・・・物凄く心配です。
とにもかくにもよろしくお願いします。
キッド
2013/01/07 05:28
くう様
遅れましてすみません; ̄∇ ̄ゞ

今のところ期待値以上の出来栄えです

OPはファン仕様みたいな感じでしたねぇ

ただ音楽に関してはとってもいいです
前作品と比べると間違いなく; ̄∇ ̄ゞ

でもって男性俳優陣は実に
女性陣の目を肥えさせてくれますね


レビューに関しては自分も書きながら
勉強しようと思います

こちらこそよろしくです
ikasama4
2013/01/28 00:30
くう様
遅れましてすみません; ̄∇ ̄ゞ

今のところ期待値以上の出来栄えです

OPはファン仕様みたいな感じでしたねぇ

ただ音楽に関してはとってもいいです
前作品と比べると間違いなく; ̄∇ ̄ゞ

でもって男性俳優陣は実に
女性陣の目を肥えさせてくれますね


レビューに関しては自分も書きながら
勉強しようと思います

こちらこそよろしくです
ikasama4
2013/01/28 00:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
八重の桜 第1話「ならぬことはならぬ」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる