渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年第4クール ドラマ 初回評価

<<   作成日時 : 2012/10/30 00:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

さてはて、今期のドラマも一通り第一話を終えたところで
大体の感想をば



今期、おそらく最後まで見るだろうドラマはこれら


PRICELESS
遅咲きのヒマワリ
ゴーイングマイホーム
大奥〜誕生[有功・家光篇]
悪夢ちゃん




PRICELESS
フジで放送されたドラマ「お金がない!」を彷彿とさせるとこがあり
その展開と似たようになるのであれば、という前提で考えると

なんとなく今後の展開が見えますねぇ

一文無しになった主人公が
金の大切さと共に人との繋がりの大切さを知り


そしておそらく
急にあの会社の社長になり
今まで自分を白い目で見ていた方々が豹変するのを
目の当たりにし、更にお金に困らない生活を送り

そうした中で本当に
PRICELESSなものは何なのか


それを描いていく、みたいな ̄∇ ̄




遅咲きのヒマワリ
「若者をすべて」を彷彿とさせるとこがあるこのドラマ

それもこれも主題歌がミスチルだから、ってのもあるかもしれませんがね

夢や希望を抱いて東京に出たけれど
未だに自分の居場所を見出せず居場所を求めてこの地に来た若者

かつて学生時代に地元では知られた存在だったけれども
今では地元に埋もれて何気なく生きている毎日を送る若者

この地を離れて都会に出たいと思いながら
この地で生活を送っている若者

この地を再び活性させたいと奔走する若者

そんな若者の様々な葛藤などを丁寧に描いてきてますね





ゴーイングマイホーム
これは登場人物の心理描写よりも
登場人物の生活風景というものに着目してますな

それがために実に生活感が表に出てる作品です

ああ、こういうの、あるあるみたいな

その生活感によって登場人物の性格や描写が
こちらにじんわりと考えさせる

この流れは実にいいですな


そしてこのドラマの方向性として

「目に見えぬものの存在」

とりあえずは伝説の妖精・クーナが出てきますが
ここからこのドラマはどういう方向にもっていくのか

実に楽しみな作品ですね





大奥〜誕生[有功・家光篇]
この作品は堺さんなくしては語れないですな

有功演じる堺さんの姿もさることながら
歴史としての幕府の史実を
男女逆転の流れの中でどのように整合性をとっているのか

その辺りも実に面白いところです



悪夢ちゃん

夢というファンタジーな世界と共に
悪夢という予知通りの出来事を回避するために
教師が悪戦苦闘する中で己の経験に基づいた事を実践することで
生徒に進むべき道を示してくれる

なかなかに見応えがある作品ですな

ちょっと木皿泉さんのような世界観も感じられる
面白い作品ですね





ここからはレビューはしておりませんがなかなか見れると思う作品をば


TOKYOエアポート
BSドラマ「TOKYOコントロール」の続編のような作品
ゴールデンタイムということで出演者もちょっと華やかになった分
ちとその出演者の演技力というのは落ちてるのは気になるところですが

どうにか主演の深田さんが踏ん張ってるって感じですかね






DOCTOR-X
特異な主人公が周囲を振り回す
この流れは「家政婦のミタ」というか
「女王の教室」や「リーガル・ハイ」等々

ドラマの構図としてはよく使われているものですな

その主演の米倉さんは安定感があって
安心してみていられますね ̄∇ ̄




さて、それ以外のドラマについて簡単に



東京全力少女

主人公の演技力不足

もうこれに尽きますな



レジデント〜5人の研修医
コードブルーの二番煎じにしか見えません


結婚しない
「私が恋愛できない理由」と内容がかぶってるなぁと思ったら
脚本、音楽、演出が全く同じ人でした、と ̄∇ ̄



MONSTERS
どこぞのディナーの後での二番煎じにしか見えません



今期は全体的に特異な能力の持ち主、または特技の優れた方が主人公ってのが多いですかね
予知夢=悪夢が見れる人とか
クーナが見える人とか
めちゃくちゃポジティブな人とか
観察&考察能力に優れた人とか
絶対にミスをしない医者とか
笑みだけで喜怒哀楽を表現する人とか



それから

TBS×WOWOWによって出来たドラマ「ダブルフェイス」

海外映画「インファナル・アフェア」を基にして
作られた作品ですが、実にスリリングな展開で
楽しませてくれました


この作品を見て改めて思うのは
今の民放のドラマというのは

役者の所属事務所やスポンサーへの配慮

また地上波での放送規制でいい作品も駄作になってしまうのでは?

とまぁ、そんなところがありますかね


そういうところでいくとWOWOWとかは有料放送ですので
そうしたスポンサーの広告収入とか関係ないので

そういうところで安定した予算が確保され
品質の高い作品ができる、ということでしょうか


後はNHKに関しても受信料という安定的財源がありますから
こちらも品質の高い作品ができやすい?かな

なんにしても最近は役者さんも
こちらの方に流れていってる傾向が感じられます


ま、そうなったらそうなったで
民放の方々には劇団出身とかでのテレビに無縁な方々をバンバン使い
それで役者に関する予算をうかせて
そのういたお金で作品の質の高い作品を作ってくれたら
いいなぁと思ったりするんですけどね

ただ、どうも最近はネタ不足か
過去に人気があった作品の焼き直しをしていこうとしてる傾向がある感じです

バラエティとか見ても
「アイアンシェフ」とか「マジかるはてな」とかはその一例ですな


と、まぁ今期はこんな感じです ̄∇ ̄ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
10月ドラマ まとめて観た感想!
撮りため過ぎてた。 娘と一緒に観ようと思っていたけど、彼女は忙しく&早寝で見る暇がなく。 待ちくたびれたため、1人でまとめ視聴。 半日がかりだ(^^;) ...続きを見る
ゆったりと・・
2012/10/30 09:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年第4クール ドラマ 初回評価 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる