渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第35話 「わが都、福原」

<<   作成日時 : 2012/09/10 01:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

天台座主・明雲が清盛の下にやってきた
清盛に呼び出されたらしい

20年前の呪詛がようやく効いたかと思った

そう皮肉る明雲を清盛は笑って受け流した


清盛が明雲を呼んだ理由

それは

清盛が出家するためであった


死んだ気で余生を過ごしたいと思いましてな


何故
我が手による得度を?



白河院はかつて
賀茂川の水、賽の目、山法師

この三つは治めることができなかった


これらと真摯に向き合い
手を携えたいと思うております



明雲にはその意図がわかった


天台宗の手によって出家をすることで
天台宗と密接な関係を結び
山法師を抑えようとするものであった



そうして清盛は出家した




それに伴い時子もまた出家した


平家は常に一蓮托生
夫婦においても同じにござりまする



清盛は時子を見て笑った


そうして清盛は宣言した

わしは福原に住むことにした



つまり都から離れて住むことを意味していた



清盛の動きに様々な者達が反応していた


俗世を離れ都を離れ
なんとするつもりか知らぬが

離れるならそれなりの覚悟をしていくつもりじゃ


後白河院は清盛にそう言うと
息子・憲仁親王に譲位を行った

高倉帝の誕生である




そうして清盛が福原へ旅立つ日

弟・頼盛が清盛の下を訪れた

教盛ら、頼盛の兄達が次々に参議へとなっていく

だが、自分だけ参議になれない
焦りがあったからである




ひとつお伺いしてもよろしゅうございまするか
私はいつ参議になれるでしょうか?


そなたの働き次第じゃ
この度のような事が続けば推挙は出来ぬ




そう言って清盛は頼盛を受け流した

そこに八条院が近付いた


以仁王は血筋からみても帝になるべき者
だが、それを阻まれている

頼盛は正妻の子で血統からしても
平家の棟梁になるべきなのに、あのような者に
その座を奪われている

似た境遇

それ故にその身を案じておる、と



頼盛は言う

参議になれば御力になれまする、と


そうして頼盛は八条院の力を借りて参議になることができた



だが、それから一月後
頼盛は後白河院によって全ての官職を解かれた


八条院に頼盛が近付いたことで
己の息子・高倉帝に害をなすと後白河院は考えたからである






福原は何もないところであった


清盛がまず屋敷に改築に着手した


そして兎丸らを呼んだ


ここを博多のような都
唐船が来れるような都にするためである


そのような中
清盛は重盛から頼盛が職を解かれたことを聞いた


清盛は重盛に頼盛へ、福原に来るようにと伝えた




福原にやってきた頼盛に清盛は尋ねた


わしが左様にこのような事をしておるか分かるか?


博多を都の隣にもってくるためと


賀茂川の水もいずれはあの海に流れ込む
海を思いのままにできるということは
あの賀茂川の水も思いのままにできるということだ

あの白河院が出来なかった賀茂川の水をな


そして都をこの海近くにもってくる


平家の都
武士の都に


京におったのではいつまでも後白河院の目にさらされる

だから、この福原の地で平家の都をつくればいい

そうすれば後白河院や公家の目にさらされる事もない



頼盛は驚いた





武士が作る都

それは

武士が作る世


それは亡き父・忠盛の願いでもあった


そして思う

自分にはこんな発想はできない


そして思う

この兄を支えるのが弟しての我が役目なのだと


頼盛の明日は
清盛の明日と同じように輝いていた―――――






今回は
新たに生き直すと宣言した清盛と共に

日日の希望を見出している者と見出せない者

⇒平家の棟梁と源氏の棟梁

という図式になってましたかね


頼盛は清盛の夢に驚いていましたが
視聴者が驚いていたのは北条政子ですな


まさか猪を担いで登場するとは(; ̄∇ ̄)


ああいう女性だと
流石に嫁のキテもないですわなぁ


北条時政殿の心痛お察し致します ̄∇ ̄;



全体的にはキレイな感じで大分まとめてきましたが
清盛にもう少し銭に汚いというか

銭の亡者のような側面を出して方が
よかったのではないかと思ったりするんですよね


どうも大河の主人公はきれいにまとめすぎるところがあるのと

忠盛、清盛の平家というと
必ず出てくるのが「財」の一文字

即ち金なんですよね


そういう周囲が卑下するところに
その金を利用するドロドロさについても
もうちょっと焦点を当ててもいいのではと


思ったりもするんですけどね


まぁ全体的に朝廷がドロドロしてるので
その辺で対比をとってるってところもありそうですがね


さて、次回は後白河院も法皇になるんですな


また構図探しにひと苦労しそうだ(; ̄∇ ̄)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【平清盛】第35回
仁安3年、病からよみがえった清盛(松山ケンイチ)は出家する。清盛は福原に住むことを 表明し、一門を驚かせる。 後白河上皇(松田翔太)は、清盛の動きを警戒しつつも、わが子・憲仁を即位させ、 平家... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/09/10 11:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、こんにちは。

ついに清盛入道誕生。
素晴らしい出来栄えでございますね〜。
ドラマ版ではさらに
長い老人眉毛が特徴的でしたな。
頭はそって付け眉毛・・・
なかなかの演出プランでした。

キッドは半分平家(落人組)の家系ですので
清盛にはかなり感情移入して
過大評価しておりますので
もっともっと偉大でいい・・・と思っておりますよ。

信長もそうですが
いつだって世界は「すぎたるはおよばざるがこどし」なのですな。

しかし・・・天才の残した計画を
後継者たちはそれなりに丸く収めていく。
このあたりが「和」の真髄なのでございましう。

平安の怪物王女などの参考画像を
例のところにアップしましたので
http://kid-blog.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/hc_1c98.html
ご参照くださりませ〜。
期間限定ですのでよしなに〜。
キッド
2012/09/10 15:01
キッド様
こんばんはです
我が故郷・四国は平家の者達が隠れ住んだ土地のひとつ
うちの親が住んでるところでたしか近くに平家神社があったはずw

親が偉大すぎると子は頭打ち
正に信長ですなぁ

親がどうしようもないくらいの方が
子はよく育つのかもしれませんな

参考画像どうもです
参照させていただきました ̄∇ ̄
ikasama4
2012/09/18 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
平清盛 第35話 「わが都、福原」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる