渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年第2クール ドラマ 雑感

<<   作成日時 : 2012/06/26 23:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

大分調子が戻ってきました

が、ちと睡眠にムラがあるので今期は総評にて(; ̄∇ ̄)ゞ



今期、まともに見たドラマは


リーガル・ハイ
鍵のかかった部屋
ATARU




リーガル・ハイ
いやぁ面白いドラマでしたね




オープニングでは
ウルトラマンセブンとメトロン星人を彷彿とさせる映像演出といぃの

第一話では
コードブルーで新垣さんと親子役を演じた中原丈雄さんがゲスト出演しぃの


里見浩太朗さんが出演されてるからということで
横内正さん(初代)
大和田伸也さん(二代目)
伊吹吾郎さん(三代目)
山田純大さん(四代目)と
テレビドラマに出演した歴代の格さんが登場しぃの

古美門の父親役でゲスト出演した中村敦夫さんにいたっては
彼の電話の着信音が「木枯らし紋次郎」でありぃの

でもって、ゲスト出演者の多くは
「水戸黄門」などの時代劇に出演されていたベテランさんとか多いですね


偏屈、毒舌、皮肉屋、気分屋、浪費家、人格破綻者だが
訴訟の勝率100%の敏腕弁護士
あらゆる訴訟を勝利に導いてきた駆け引きと策略の天才
勝利こそ全て
「勝った者が正義だ」、「訴訟はゲーム」と言ってはばからない


今までドラマを見ていて思うのは
この勝つためにはどんな手段も選ばない

彼の言葉はどこまでが真実で
どこまでが嘘なのかが分からない

ここもまた古美門の魅力ではありますね

もうひとつの魅力は堺さんが古美門の長台詞を
早口でよどみなくスラスラとしゃべる

そのシーンで何人の視聴者(特に女性)が
古美門にうっとりと見とれてたのでしょうかね


でもって、古美門のキャラについては
似てる人物がおりまして

というのは「外事警察」の住本

公式HP等に書いてある彼のプロフィールはというと




的確な判断力と高度な人心掌握術をもつ
任務遂行のためなら手段を選ばず
時にはメンバーでさえも容易に欺く
その冷徹さから「公安の魔物」と畏怖される外事警察の申し子




このリーガル・ハイでもあったように
己の目的のためには味方を騙すことも厭わない

そういう古美門の性格と
住本の性格はよく似てますねぇ


というか、この「リーガル・ハイ」と「外事警察」

この2作品の脚本を書いてるのは同じ古沢良太さんですからね


ということでこの2作品は異なるようで似てますね ̄∇ ̄
その辺を見比べても楽しめる作品でございます




鍵のかかった部屋

毎回、密室事件を論理的に解いていく榎本径

一方で彼は得体のしれない行動をとる

榎本径は一体何者なのか?

その答えの一端が最終回にあった

ってとこですね





彼は善人なのか悪人なのか
そういう視点で見るのも面白いところ

まぁこのドラマの一番の要素は
犯人との駆け引きとか動機とかとかではなく

如何にして犯人はこの密室を作ったのか

その一点を楽しむドラマなので

芹沢の愚痴とかどうしようもない話はばっさりカット ̄∇ ̄

そういうテイストに仕上げてるあたりはなかなかでした


こちらはラストのラストで
「騙された!」ってところもあったりして

また、オープニングは本編とちょっと絡ませた
映像演出もあり、その辺も面白かったところですね

後、ドラマのタイトルの下にあった数字
8235 1964 7146 7004 2893 8535 9061

これをエクセルでレーダーグラフにすると
鍵の形になります

この辺の遊び心もなかなかですな





ATARU
サヴァン症候群の主人公が
事件の謎を解く鍵を刑事さんたちに与えていく

そしてなかなか感情には出せないけど
自分なりのやり方で人を思いやっていく

そこの根幹はしっかり描きつつ
後はあれこれ遊びがいっぱい ̄∇ ̄


相棒やケイゾク、SPECネタに
あれこれゲストを登場させて
楽しませてくれました

それと映像演出がケイゾク、SPECをちと彷彿と
させる感じもまたよかったのかもですね




自分が今期見続けたドラマでは

・得体のしれない主人公
・遊び心のある演出、構成
・続編を感じさせるラスト


この3つが共通してましたかね



さて、他のドラマについてはちょっとしか見てないですが
端的に




・37歳で医者になった僕
ちょっと物語が極端にブレていた感じが残念


・クレオパトラな女たち
男性が主人公でありながら
物語の舞台は女性を中心とした社会という
この辺は女性を中心に描く水10ならでは

なかなかに面白かったのだが
主人公にちと魅力がなかったのが残念

綾野さんが主人公になれば(以下略



・Wの悲劇
大人の学芸会



・カエルの女王
そういやぁ一切見てない(; ̄∇ ̄)


・パパドル
これははなっから見てない


・もう一度君にプロポーズ
やっぱり中だるみしてもうて残念


・三毛猫ホームズの推理
主人公必要でしたかね


・日曜9時のフジのドラマ
タイトルも覚えてないや



大体こんな感じでした ̄∇ ̄ノ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【2012年(平成24年)4月期 春クールドラマ総評 】独断と偏見のドラマ賞とランキング
毎度お馴染みのちょ〜独断と偏見の1月期クールドラマ総評です。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/07/01 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年第2クール ドラマ 雑感  渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる