渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第18話 「誕生、後白河帝」

<<   作成日時 : 2012/05/07 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

近衛帝の容態は益々芳しくなかった



美福門院は息子の無事を祈り続けた


そして鳥羽院は考えていた


何故斯様な苦しみを受けるのか
それは朕の愚かさ故ではなかろうか

帝を即位させるために
騙し討ちのように上皇を退けた

崇徳院を白河院の子と
叔父子と言うていじめぬいた
その因果が巡ってきたのではないか





それからまもなく家成も病に臥せっていた




清盛は家成の見舞いに訪れた


どうかこの先
法皇様をお頼み致します
この身がどうなろうとも
わが子・成親
養子・師光を私と思うてご相談あれ



万事我らにお任せ下され



感無量にござります
逞しき野良犬の吼える声に
今や朝廷御自ら耳を傾けるようになったのですから


そうして鳥羽院の信篤い家成はこの年に世を去った





それからまもなく清盛は崇徳院に呼ばれた

近衛帝に万が一のことがあった時には
崇徳院に力を貸すように平氏の力を頼ってきたからであった


清盛はその申し出を断った
家成の遺言もあったからだ


だが、崇徳院の懇願に清盛の心はゆれた


それで清盛は
鳥羽院につくか崇徳院につくか
家中の者で論議を繰り広げさせた
だが、どの意見にも決め手になるようなものはなかった

時忠の日和見を決め込むという意見に同調するものもあった


清盛は決心した

鳥羽院と崇徳院の仲をとりもつのだと



鳥羽院の心の内


朕は重仁親王に帝を継がせたい
できるならば崇徳院に再度帝を継がせたい

朕は今こそ上皇に詫びたいのじゃ
朕は叔父子と疎み政の場から追いやった
心より詫びる

共に政を行って参りたい
それこそが朕の務めなのじゃ




だが、事はそう簡単なことではなかった




その院の言葉に対して
争いの種を撒くような御裁断であると


近衛帝亡き後、近衛帝には子がないので
次なる帝として最も順当なのは
崇徳院の子・重仁親王であるのだが

そうなれば崇徳院が政を牛耳ることになり
崇徳院と敵対している美福門院には都合が悪い

また、重仁親王であると
娘を嫁がせてない藤原忠通としては
藤原摂関家として政の中枢に入り込むことができない


それは鳥羽院の側近となっていた信西も同じであった


それぞれの思惑は違えど
崇徳院の近親者を帝にはしたくない


その一点でこれらは一致していた



そして、協議の結果

次の帝となったのは
鳥羽院の子で崇徳院の弟・雅仁親王

後白河帝の誕生であった――――――





今回は正に魑魅魍魎の世界でしたねぇ


崇徳院の背面から手を使わず倒れてからの
体をひねって嫉妬と失望と憎悪の雄たけびをあげる
姿は今回の名シーンですな


それから鳥羽院の御料地を荒らした為朝

撮影現場ではガンダムと呼ばれているそうで ̄∇ ̄

まぁそう見えてもおかしくないイデタチでしたからねぇ ̄∇ ̄


個人的には大魔神みたいに見えましたけど ̄∇ ̄




それから再度登場の松田聖子さん

役名が違ってたんですねぇ

気がつかなかった(; ̄∇ ̄)ゞ

でも、こんなのが出てたもんだから




てっきり祇園女御は式神をつかうので
年をとらないのかと思った(; ̄∇ ̄)ゞ


それから家成の子・成親に
信西の乳母の子で家成の養子となった師光が登場しました


家成は今わの際に清盛にこの二人を
頼るとよいと進言しましたが

後にこの二人が平氏打倒の陰謀を企て
殺害されるとは思ってもみなかったことでしょうな

この辺が今後どう描かれるのか楽しみなところですね ̄∇ ̄

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平清盛 第18回「誕生、後白河帝」
前回の自信のない清盛の棟梁っぷりが嘘のように、今回はものすごく成長してみんなを引っ張りまくる姿に変貌を遂げていました。きっとこれまでの間に彼を成長させる何かがあったのでしょう。残念ながらそのあたりの描写を本編から見ることはできなかったので、心残りではあります。 いつの間にか、平氏のなかでも王家に対しても存在感を増していく清盛。崇徳院に呼ばれ、自分に協力してほしいと頼まれることもあれば、鳥羽院に対して崇徳院に詫びを入れて一緒に政をやっていったらどうかと意見したり、雅仁親王には。武士の立場が変わって... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/05/07 00:44
【平清盛】第18回
1154年、近衛天皇(北村匠海)の容態が悪化。朝廷は大きく揺れる。 近衛天皇が崩御すると、再び鳥羽院(三上博史)と崇徳院(井浦新)の権力争いが 激化するとされていた。 清盛(松山ケンイチ)は、何と... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/05/07 04:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、こんばんは。

家成キタ━q(゚∀゚)p━!!!!!!

式神童子も(b´∀`)ネッ!

糸子「あ〜れ〜、お父さんの時とちがう?」
四草「狂犬に咬まれて寿命が縮んだんじゃ?」
草々「二百たたきかいっ?」
ものすごく「ちりとてちん」でしたな。

祇園女御と乙前は同一人物なのでしょうねえ。
青墓といえば傀儡子というか・・・
源氏忍びの里ですからなーーーっ。
きっと傀儡子の陣内が・・・潜んでいるのですなーーーっ。
ああ・・・妄想膨らみすぎますなーーーっ。







キッド
2012/05/08 00:40
キッド様
こんばんはです
以前と比べると大分睡眠障害は解消されました

家成は早く描こうとか思いながら
ずるずるとこんな時期になってしまいました(; ̄∇ ̄)ゞ

乙前は祇園女御と同一人物であれば
どうみても妖術にて数百年も生きた化け物と
思われても仕方ないですよねぇ

そして数多の式神たちと愉快に今様

ほんと妄想が澱みなくでてきますなぁ(; ̄∇ ̄)ゞ
ikasama4
2012/05/09 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
平清盛 第18話 「誕生、後白河帝」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる