渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年 第2クールのドラマ 初回評価

<<   作成日時 : 2012/04/29 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

日中の昼間に睡魔と闘いながら記事を書く今日この頃
皆様、いかがお過ごしでしょうか


最近は睡眠障害対策として
色々とあれこれ何かやってみたりしておりまして
ちょいとずつイラストを描く時間も減りそうです(; ̄∇ ̄)ゞ


さて、今期のドラマについてですが簡単にざっくりと



鍵のかかった部屋

個人的には音楽、役者のキャラ、演出と
一番バランスのいいドラマではないかと思います

主人公・榎本のキャラと大野さんの地の性格が
かなりマッチしててハマってるなと思えてくるんですよね

それから佐藤浩市さん演じる芹沢のキャラが
弾けてて面白いですねぇ ̄∇ ̄b

古畑任三郎に次回予告がちょっとサザエさんにも
似てるところもあり、それもそれで面白いところですね




リーガル・ハイ

これは堺雅人さんを堪能するドラマですな
見てて何人の人がニヤニヤしてるでしょうかね

特にこの作品では今まで見たことのない堺さんの
毒舌&わがまま&早口キャラを見せてくれています

それでいて喜怒哀楽を全て笑顔で見せてくれる
堺さんの魅力はそのままですからね

それだけでも見る価値はありますが
法廷ドラマとしての造りもしっかりしてますからね

それにアップテンポでトントン物語が進んで
そこも楽しいですね




37歳で医者になった僕


火9のドラマと比べてスローテンポなこのドラマ
草gさんの魅力である、和ませる雰囲気が存分に出てますね

この主人公のキャラならびに
脇を固めるキャラがしっかりしてるので安定感はあると思うのですが
個人的に物語の方がちと、極端な方向性に走ったりする傾向があり
そこがちょっと気にはなりますね




クレオパトラな女たち

日テレ水10枠では久々の男性が主人公ですが
物語で扱っているのは美容整形という女性の世界ともいえるべき内容が舞台

これは面白いですねぇ

かつて男性社会に女性が一人飛び込むと
男性は皆好き勝手に話をして、その女性はただただ無口になっていく

けれども仕事を終えて、自分の同性の友達に会うと
そこで仕事での男に対する愚痴をとにかくしゃべる

その逆のパターンがここで描かれていますね

「カーネーション」でブレイクした
綾野さんが主人公を慕うゲイの役というのも目をひくところでしょうかね

今は主人公がこの女性ばかりの社会に対する不満とか愚痴とか
自分とは違う価値観のギャップに翻弄される姿が主体になってますが

この先はその社会で女性達が抱える苦悩とかが
クローズアップされることなのでしょうね




パパドル

錦戸亮さんを堪能するドラマかな?
イマイチ、ピンとこないなぁ




Wの悲劇

オスカードラマ

この一言で片付けてもいいかな




カエルの王女さま


イマイチ、ピンとこないかな(; ̄∇ ̄)ゞ




たぶらかし


谷村美月さんの特にボディを堪能するドラマでしょうな(; ̄∇ ̄)ゞ




もう一度君に、プロポーズ


これは竹野内豊さんを堪能するドラマでしょうかな

どうもねぇ
TBSのドラマに出演する和久井映見さんって
嫌な役のイメージしかないんですよねぇ(; ̄∇ ̄)ゞ

「First Love」では
妹と自分の婚約者が相思相愛だったことを知って
あらぬ妄想からストーカー化して謀略を張り巡らし
睡眠薬を婚約者に盛ったり

一方的に自分の目的を果たそうとする嫌な役

「恋文〜私たちが愛した男〜」では
昔付き合っていた男から突然姿を消したものの
余命半年と宣告されたものでその昔付き合ってた男に
会いたいと手紙を出し、その男が残りの時間を自分と
すごしたいと言い出し、妻子がいることを知ってても
尚、その人と過ごす時間を優先してしまうちょっと嫌な役


とまぁ、どっちも相手の男性が渡部篤郎さんなんですけどねぇ(; ̄∇ ̄)ゞ

それとこのドラマでもそうだったんですが
ちょっと物語としては間延びしそうな感じがしてねぇ





三毛猫ホームズの推理


物語としては悪くはないんですがねぇ

主人公にしまりがない(; ̄∇ ̄)

驚いた表情のときに口を開けた表情がなんともしまりがない

また、物語の登場人物の構成はいいものの
物語のシメとしての主人公の立ち位置が弱い

ここもドラマとしてはマイナスかな

多分、主人公としてはもう少し大柄な男クサイ方が
この役を演じると、そのギャップが面白いんだろうけど

ここの事務所の方々は大体
線が細いし、そういう男クササがちと感じられんもんですからねぇ

これは・・・ミスキャストかな(; ̄∇ ̄)ゞ




ATARU

サヴァン症候群の主人公が
事件の鍵となるヒントを警察に与えて
それを元に警察が事件を解決するという物語

これはなかなかに面白いですが
後半、ATARUと村上さんとの関係性が
どうドラマに影響してくるか
楽しみですねぇ ̄∇ ̄

ちなみにこのドラマのTOP画面のATARUを見て
グレムリンのギズモが思い浮かんだのは私だけでしょうかσ(゚∀゚ ;




今期は謎解きドラマがそこそこありますが

海外のドラマでは
「キャッスル」「ザ・メンタリスト」「BONES」
「ザ・ファインダー」と警察ではない方が
警察関係の方に協力するという展開の物語が
結構人気がでてるので、日本のドラマもその辺で
攻めているのかもしれませんね

そのどちらもジャニーズ事務所の方が主役というのは
気になるところですな ̄∇ ̄

あ、相葉さんの場合はネコが主人公か(; ̄∇ ̄)ゞ

ま、似たようなもんですかな


今期は

月9
火9
火10
木9(TBS)
金10
土9
日9(TBS)

分かる限りでも
これだけジャニーズ事務所所属の俳優さんが
ドラマに出演しておりますが

その牙城にオスカー、研音辺りが食い込んできてますかな

オスカーは武井さんと剛力さんの押しが目立ちますなぁ


なんとなくですが剛力さん
大河で白拍子役で出てくるんじゃないかと思ってしまうのは
自分だけでしょうかね ̄∇ ̄;

もしくは来年か ̄∇ ̄;



それと、ちょこちょこと
竹内力さんや小沢仁志さんとか
Vシネマによく出てた方が民放の方に
ちょこちょこ出てきてますかね

最近は暴力団と芸能界との関係を厳しく取り締まる動きから
暴力団を舞台にしたVシネマの制作が難しくなってるようで
そうした動きからも、今後もVシネマに出てた方が民放の方に
流れてくるような感じなんでしょうかね


それからこれは全然関係ない話ですが
フジテレビのBSで放送されていたドラマ「TOKYOコントロール」

これが最近地上波で放送されていたので見たのですが
なかなかに面白かったんですよね

で、そのドラマの中にこういう方が出てまして
http://www.fujitv.co.jp/otn/TACC/cast.html#cast09

で、その後にあったフジの月9「ラッキーセブン」に
出てたコーヒー店の店主をしてた野間口さんの役名というのが

この「TOKYOコントロール」での役名と同じだったんですが
それをするくらいならば、「TOKYOコントロール」を地上波で
大きくやるべきだったのではないかと思ったりしたのは自分だけでしょうかね
(; ̄∇ ̄)ゞ


後は全体的に女優よりも
俳優さんの方が今期は目立ちますな

これも視聴者層がどういうものかを反映してるとこかもしれませんね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
注目するところは大体同じ。
剛力さんには白拍子、合うかもしれませんね。
しかし今期はテレ朝の役どころとフジ深夜帯の役どころ。
どちらも極端なキャラで(まー、毎度極端なキャラばかりなんだけど^^;)
同じクールに出すには損してる気もします。

J事務所の方は今期は脇としてはどのドラマでも上手く使われてる感じがしています。
主演としては・・・まぁ、色々ですね^^;
ちなみに「パパドル」はあの事務所である事を最大限に生かしたドラマだなぁと
割と感心して見てます。

お身体お大事に。
くう
2012/04/29 23:42
くう様
今期、フジの火9とTBSの日9はテレ朝の脚本家をひっぱってきてますからね
そのとこだけを見ても必死さが伝わってきます ̄∇ ̄

深夜はあれこれ自由にやらせてもらってるみたいですが
ちょっと極端というか、どっちもキャラがとんでますよねぇ

Jさんは今期、結構脇を固めてるドラマでは
いい感じに仕上がってますよねぇ

毎回こうすれば問題にもならないかと思ったりする今日この頃です

病気の方はぼちぼちやってきます ̄∇ ̄;
ikasama4
2012/05/02 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年 第2クールのドラマ 初回評価 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる