渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 平清盛 第17話 「平氏の棟梁」

<<   作成日時 : 2012/04/29 23:01   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 1

新しき棟梁となった清盛は
家人達を束ねることとなった

清盛の子供達は弓の腕はなかなか筋がよかった


武芸に優れた頼盛

武芸が苦手な経盛

剛なる弓を使う教盛

清盛の兄弟達もなかなかであった


だが、平氏の棟梁の仕事は大変なものであった

亡くなってわかる父の偉大さ

自分がこの先、棟梁をやっていけるのか清盛は不安になっていた


それは棟梁の妻となった時子も同じだった


膳の数も間違え
琵琶も満足に弾けない


時子もまた不安であった


そんな清盛に対して
母・宗子の従兄妹である藤原家成は
自らの屋敷にて歌会を行うので

そこで平氏の棟梁となった清盛は歌を披露することになった


だが、清盛は困った

清盛は歌が不得手だったからだ

真っ先に西行に歌の代筆をお願いしようとしたが
西行は高野山に篭っていて自宅にはいなかった

それで信西にお願いしようとしたが
信西はとりあってくれなかった

どうもそれどころではないらしい


近衛帝が病に臥せっていて
もし帝がお亡くなりになれば
次の帝が誰になるかで朝廷に不穏な空気が生まれるやもしれぬと



そうして清盛が歌を考えている中


清盛は義朝に出会った
義朝は大分落ち着いた雰囲気になっていた

それは常盤を妻にして
常盤が義朝の心の支えになってくれたかららしい


義朝は喜んでいたが

源氏の屋敷で義朝を待つ
正室・由良御前と鬼武者の心境は違った


鬼武者は母を一人にして
家を留守にすることが多い父・義朝をなじった

だが、由良御前は源氏の棟梁たるべき者として
子孫を増やすことは大事なことだと語ったが
そう語る由良御前の表情はさびしそうだった





突然、清三郎が学問も武芸もしたくないとだだをこねた

清盛は清三郎に手をあげようとするところを時子はかばった


そんな時子に清盛は言う


明子ならば
もっとしかとした棟梁の妻になっておったぞ!




夫の言葉に時子は傷つき
その場を立ち去った


その状況を見かねて時子の弟・時忠は言う

姉上が琵琶を弾かないのは
十年以上も前に清盛が言った言葉

「時子の琵琶の音で明子の琵琶の音をかき消されたくないから」

それを聞いて
ずっと弾くのをやめていたのだと



清盛は知らなかった
後妻故に妻はずっと前妻に引け目を感じていたことに

その時
清盛はひとつの歌が浮かんだ――――――





家成の屋敷にて開かれた歌会


そこで清盛が詠んだ歌


重盛に
基盛それに
清三郎
清四郎
みな我らの子なり





院をはじめ
家成や西行等々
貴族達は皆唖然とした



なんじゃそれは?
春らしいものが何一つ詠まれてないぞ

いや
その前に最早歌ではない


鳥羽院は尋ねた


安芸守
それはなんぞ



重盛
基盛
清三郎
清四郎
とは私の四人の子の名にござりまする

私事にござりまするが歌の事で心を奪われてしまい
妻に言うてはならぬ事を言うてしまいました

それより先は妻の事が心を占め
歌の事など考えられなくなりました

先の妻と二人の子をもうけた後
後添えとして迎えた妻故に心の内では
引け目があったのでござりましょう

されど妻はさような思いはおくびにも出さず

いつも明るく、まこと春の陽だまりの如き女子にござりまする


父・忠盛より平氏の全てを受け継いだ
私がそれを世のお役にたてられるかどうか
やんごとなき方々の一堂に会する
この歌会はそれを占う場であったと存じまする

この平清盛
きっぱりと申し上げます

私は妻や子、家人たち
我が一門の者をなにより大事に思うております



家成は清盛の言葉に思わず笑った



鳥羽院は清盛の言葉に思った

彼は自分達にないものを持っていると



清盛が家に帰ると
琵琶の音が聞こえてきた

時子が子供達に琵琶を弾き聞かせていたのだった

重盛
基盛
二人は母を亡くしてから
時子が二人の悲しみを癒してくれた

子供達にとって
琵琶の音は時子が奏でる琵琶だった


明子の琵琶の音と
時子の琵琶の音は違う

そう言って清盛は息子達と一緒に時子が奏でる琵琶の音を聞いた




そうして平氏一門の家族内の結束が高まっていた頃

源氏内では骨肉の争いが勃発していた



為義は次男・義賢を呼び

源氏に代々伝わる太刀・友切を授け

東国に行って兄と対等に立ち向かえる力をつけるよう命じた


友切を義賢に授けたということは
源氏の棟梁を義賢として

義朝を廃嫡することを意味していた



義朝は父・為義に詰め寄った


何故こんなことを?!


為義は言う

義朝
誇らしき我が子よ
お前は強うなりすぎた
おのが父の誇りを踏みにじって何の痛みも覚えぬほどにな!
さような者に源氏を背負わせる訳にはいかぬ!



その親子の争いは家人である鎌田親子の仲も引き裂くことになった


大乱の嵐が刻一刻と近付いていく―――――――






平氏では
忠盛は清盛を見事に育てあげ
忠盛の思想を引き継いでくれた

だが源氏では
義朝は為義の考えを受け継いでくれなかった

それが為義には
義朝の育て方を誤ったと考えさせたと推察されます


それから平氏では
忠盛が凄い人物であることを清盛は認め
だからこそ清盛は忠盛に従った

一方、源氏では
義朝にとって父・為義は
自分が守らなければならないと思わせる存在だった
だからこそ義朝は自らが源氏をひっぱっていなかければならないと

その結果
自分が源氏の方向性を決めていくことになり
父の考えをないがしろにしたことが
父にとっては許せなかったということでしょうね


それから義賢登場においては
頼長に食われてしまってるのだろうと思うと; ̄∇ ̄

そして鬼武者にいたっては
雅仁親王に食われてしまってるのではと思うと; ̄∇ ̄


まぁそうやって上に取り入るしか
源氏も平氏も手段はなかったってことで; ̄∇ ̄


でもって
来週くらいから新たな登場人物のキャストとかが
どんどん出てくるようなんですが


源為朝を演じる橋本さとしさん

なんかもうねぇ
大魔神というかマジンガーZというか

強烈なコスプレキャラになってて笑ってしまいました≧∇≦


兎丸のインパクトすら薄れてしまいます

描く方としてはどうしたものかと; ̄∇ ̄


ちなみに義朝と為朝は
16歳の年の差です ̄∇ ̄;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK大河ドラマ『平清盛』第17回「平氏の棟梁」
いよいよ、第2部ってことで、 清盛が忠盛の後を継いで棟梁になった。 ...続きを見る
よくばりアンテナ
2012/04/29 23:13
【平清盛】第17回
1153年、ついに清盛(松山ケンイチ)は平氏の棟りょうの座につく。 父・忠盛(中井貴一)の仕事を引き継いでいく清盛だったが、忠盛が残した功績は計り 知れなく棟りょうの器に不安を感じ始める。 妻・時... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/04/29 23:35
平清盛 第17回「平氏の棟梁」・・・
がぜん面白くなってきた平清盛。やっぱり武士らしいところは面白い限りです。えー、源氏の骨肉の争いのほうなんですけどね。 木曽義仲の親父である阪本浩之@源義賢も出てきました。阪本浩之は大河ドラマの常連ですわなぁ。小早川秀秋もやっていたけど、徳川吉宗、松平… ...続きを見る
人斬り藤次郎の雄叫び
2012/04/30 00:04
平清盛 第17回「平氏の棟梁(とうりょう)」
物語の屋台骨をしっかりと支えてきた中井貴一演じる平忠盛が前回までで、本当に静かに去っていってしまい、名実ともに清盛の世界がやってきます。中井貴一はやはり、ミキプルーンを飲用しても、DCカードで薬を購入してもダメだったのでしょう。 周囲から疑問符が生じていた清盛が平氏の棟梁になるのですから、はじめからうまくいくわけがありません。様々な場面で、火種がくすぶるのも無理はないと思っていましたが、今回は早速それがやってきます。 いくつか同様の無茶っぷりがあるのですが、全ての共通しているのはとにかく叫んでそ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2012/04/30 20:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ikasama4様、こんにちは。
おかげんいかがでしょうか。
じいめも昔、現役バリバリの頃、
眠るべき時に眠れず起きているべき時に眠くなるということで
難儀しましたな。
現役離脱したら嘘のように治ってしまい
困惑いたしましたぞ。
どうかマイペースでご養生くださりませ。
さて、第二部突入ということで
新生清盛登場。
迫力増進でございますねえ。トレビアンです。
今回はついに源義賢登場で盛り上がってまいりました〜。
出ないかも・・・とドキドキしましたぞ。
なにしろ・・・登場人物の多さに
アップアップのお茶の間ですからなあ・・・。
削られちゃうかも・・・と心配になりますな。
まあ、戦国時代ファンや
幕末ファンの方には
織田信長や坂本竜馬がいつ出てくるのか・・・
期待している方もいるような気がして
この最高の大河ドラマが
お茶の間に歴史的にうけいれられていない気配に
一同爆笑の今日この頃でございます・・・。
キッド
2012/04/30 16:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
平清盛 第17話 「平氏の棟梁」 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる