渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第23週−3

<<   作成日時 : 2012/03/08 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アホボンが糸子に泣きついてきた

このアホボン曰く

この反物は中国のもので
親父にええとこ見せようと
現地に行って買い付けに行った

小物用に一反だけ買うたつもりが
百反届いてしもうた

それで百反さばくお知恵を拝借したいと



「あかん
金糸の話を聞いてこい」



そう言うて糸子はアホボンをつき返した

来るなとも言うたが
言うてもくるで
アホボンやさかい


それから糸子の店にお客がやってきた

お客さんがいうには
おばあちゃんのために
服を作りたいのだが、おばあちゃんが
どうも嫌がっているらしい

それは採寸してもらって
以前のようなスタイルではないことが
分かるのが嫌らしい

まぁ糸子の50年のキャリアで
おおよその採寸は分かるらしい



里香には店の掃除とかをさせていた

そこでふとある写真をまじまじと見ていた

泰蔵兄ちゃんの写真や


糸子は里香に泰蔵兄ちゃんのことを聞かせた

だんじりの大工方で
実にかっこよかったんやと


どうも、この写真の方が
里香のチームの先輩に似てるらしい


糸子はそこにあるへたれの写真も里香に
拭いておくように伝えた


「へたれ?」


そして、里香がつかんだ写真は勘助だった―――――





子供がぐれんのは
親の愛情が足らんからやと言うけれど

何故、里香があんなになったのか
優子にはわからない


糸子曰く
あの子がジャージを着てる間は
周りが何を言うても一緒や


言葉がのうても服は色んなことが分かる

昔、うちにそないな事を言うてくれた人がいました


気安く声をかけんといて下さいやら
喧嘩やったらいつでも買わしてもらいますやら


そういうんを服で表してるんや


その日、里香が怪我をして帰ってきた


どこかの知らん坊主が里香を助けてくれた
結構機転のきく子のようやった―――――





へたれの写真も拭いといてで
里香がおもむろに勘助の写真をつかんだのはウケタ ̄∇ ̄


里香の服装は
なんらかの自分の意思を訴えるものだと

糸子は理解してたんですね

その服を着ることを止めない限り
糸子らが何を言うてもいかんと思うてる

この辺は年長の功というやつでしょうね


まぁそれにしても
糸子が子育てやってた記憶ってたしかに
振り返ってみてもないですわなぁ ̄∇ ̄;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第23週−3 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる