渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第25週−3

<<   作成日時 : 2012/03/22 01:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

「また、ドスをきかせたんですか?」

昼食のそうめんをすすりながら
たかちゃんが糸子に尋ねた

「ちょっと腹に力入れただけや」

ただ、どちらにしても
あの総婦長もなかなかの相手やと糸子は語った



奈津がいる病室にいくと夏はいなかった


奈津は廊下を歩いていた

糸子は奈津の前を歩こうとすると
奈津も負け時と糸子の前を歩こうとする

十代の頃と変わりない負けず嫌いの二人


ふと、急に奈津が足を止めた

龍村院長が来たからだ

愛想のよい奈津の対応を見て糸子は思う


「男の趣味も変わってませんわ」




それから事務長と総婦長とショーの打ち合わせをした

糸子としては
病状が重い人を優先してモデルにしてあげたい


「考えてみて下さい
病気の重い人が10月のショーに出てみたいと
夢を持った

でも、病気が重いから
それを奪う

ひどないか」


「ひどうないか、うちらが論ずるべきではありません

我々の仕事はその環境を守ることです
我々は責任を放棄するようなことはできません」


「せら、せや
無理言うたな、堪忍や」



そのモデル希望者の中に
もちろん、奈津の名前はなかった


その日、糸子はとりあえず
自分と奈津のドレスをデザインした


これを奈津が見たら―――――

また、鼻で笑うやろか

長い長い腐れ縁の果てに
こんなんがあってもええやろ――――――



翌日、病院にいくと
奈津はいなかった


奈津の名前の書かれた名札もなくなっていた―――――





我先に前を歩こうとする糸子と奈津

でもって、いきなり奈津が止まるや
目の前には龍村院長

そこで奈津は愛想よく挨拶する


ああ、あれですな


女学校に糸子と奈津が通っていた頃
奈津がさしていた傘に糸子が入れてとせがむも
奈津はそれを拒否

でも、目の前に泰蔵兄ちゃんが来たことで
泰蔵兄ちゃんにいいように見られたいから
愛想よく振舞う


あの頃とほんと、奈津も奈津で変わってないですね


一方で糸子は
自分の意地を張り通すだけではなく
相手の考えは尊重する

そういうところは年の功ってところでしょうかね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第142回
ファッションショーのモデル希望者は思ったよりも多く集まった。 病状の重い患者さんこそ出したいと言う糸子に病院の責任を主張する婦長。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/03/22 14:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第25週−3 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる