渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第25週−2

<<   作成日時 : 2012/03/21 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

奈津は四国に引っ越したと八重子さんから聞いていた

主人は四国出身やったらしい

でも、それから主人が亡くなり
主人の屋敷を掃除したりしていたが

11年前にこっちに戻ってきたと言う


「なんで連絡せぇへんねん」

「なんでせなあかんねん」

「ほな、今一人で暮らしてんけ?」

「まぁな」

「どこが悪いんよ?
なんで入院してんよ?」

「関係ないやろ
あんた、変わらんな」


「こっちの台詞や!」




10年前、バブルが弾けたんと

岸和田にもでかいショッピングセンターができたんとで
この岸和田の商店街も寂れてしまいました

あの金券屋も不動産屋もなくなりました

金券屋の兄ちゃんはおっさんになって
うちで働いてます


シルバー製品も新たなものが登場している
いくつになっても商売は厳しいもんです


それから16年前に糸子が
奥さんをなくした旦那さんを招いて開いた食事会も
気がついたら88人も参加するようになっていたらしい


そういえば、昔は
うちのことをブスだの不細工だのと言われてきた


奈津の顔が浮かぶ


ほんまに生きてるうちに
お互いボケもせんと会えたんやから
奇跡やな



その後、病院の総婦長さんと会った糸子は
総婦長さんが仕事優先でその片手間でやらせてもらうとの
言葉に噛み付いた

「引き受けたからにはうちも
きっちりとやらせてもらいますよって
片手間ではやらんといて下さい」



明らかに総婦長に不穏な空気が漂うが
糸子は一向に介さない

糸子のモデルに関して条件は特にないが
できれば患者さんにモデルになってほしいという

総婦長は患者にそんなのは
体調を悪くするかもしれないとして断ったが



「けど、総婦長さん
この道、70年のプロです

おたくらは医療の力を信じて仕事をしてるやろ
うちは洋服の力を信じて仕事をしてきました

洋服には人を慰めることも勇気付けることも
元気付けることもできる

うちは洋服でおたくらの力になりたいだけや

いい服を着て、ライトを浴びて歩いてほしい

それを患者さんらに見てほしい

けど、ほんなことが人に与える力をよう知ってるんですわ
1/3、いや1人でもええわ

希望する患者さんを参加させちゃって下さい

このとおりや、お願いします」



そんな糸子の姿に総婦長の返す言葉はなかった―――――





バブルが弾けて不景気になり
金券屋や不動産も衰退していった

まぁ金券屋のお兄さん、もといおっさんは

糸子が以前から食事とかおよばれとかしてたみたいですから
その縁で、そのまま糸子の店に厄介になったって感じでしょうね

おそらく、糸子の方から
うちの店を手伝わんか?と言うてね


奈津とはホント
いつまでたっても互いに意地を張り合ってきてますね



どっちも女性として肝がすわった性格をしてますわな


でも、88歳になって
お互い生きていて、ボケもせずにまた会えるなんて
ほんと、奇跡なのかもしれませんね

それだけにこういう出会いは大切にしたいものです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第141回
久しぶりに病院で再会した奈津は、相変わらず憎まれ口をたたいていた。 それでも、再会の喜びを隠しきれない糸子。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/03/21 21:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
キャスト交代については、オノマチさんも頑張っていたのに、最後までやらせたったらいいのに〜っていう気持ちもちょっとあったのですが、この病院のエピを見て、ああそうか、この為のキャスト交代だったのだなと、すごく納得がいきました。
これも多分、実話なんでしょうが、この話だけで単発ドラマにもなるくらい、いいですよね〜
主人公が長寿の朝ドラは、最初は好調でも、最後のほうは単調になってしまいがちですが、今回は最後まで、ますます面白くて目が離せなくて、私の中ではもはや「おはなはん」も「雲のじゅうたん」も超えています(^−^)
奈津ちゃん(ちりとてちんのお祖母ちゃん!)との再会もワクワクですね。
辰巳さんの院長は、先週のアホボン達の代わりでしょうか(笑)最近クイズ番組でしか見ない感じの辰巳さんですが、こういう役、似合ってるわ〜〜
先週から、十何年と急に飛んだので、師匠が心配されていた、阪神大震災については、皆なんとか大丈夫だったということみたいですね。
SFurrow
2012/03/21 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第25週−2 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる