渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第24週−3

<<   作成日時 : 2012/03/15 01:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ベッドの上で
デザイン画を描く糸子


あのアホボンに電話したが生憎留守で
アホボンのお父ちゃんが電話に出た


そこで糸子はアホボンに

攻撃が一番のなんちゃら
攻めることが守ることになるっちゅう言葉

そうそう
「攻撃は最大の防御」

ちゅう言葉を教えてもらった事と
電話を待つと伝言した



そして23時になろうとした矢先
アホボンから電話があった

糸子はアホボンに伝えた

「うちな
やるわ
うちのブランド始めるわ」



アホボンらはこぞってやってきた

やると決めたからには止められない

半年発表を目処にしていく

ブランド発表の流れとして
糸子は娘達を手伝ったことがあるので
大体は分かるのだが、
資金・物資の調達とか諸々は
アホボンらに任せた


糸子がブランドを立ち上げる

それを聞いた優子と直子が
糸子のブランド立ち上げを阻止しようと駆けつけた



「だんじりが重い
走り出したら止まらん

周りはただ見といたらええ


うちはやっぱし
こういう風にしか生きられへん

どんな大変な仕事かうちも知ってる

冷や冷やもそわそわもしてる
久々におもろい
ほんまおもろい
夜、寝るのがおしゅうて
朝、起きるのが楽しみで
こんなんいつぶりやろな

優子のとこでシルバーラインを作って
うちが優子のとこの専属デザイナーになるなんて

敵に塩を送るような真似をしたらあかん
今のうちのおもろさは自分の身銭を切ってこそ

こんなおもろいん諦めて
生きてられっか」



糸子の気性を知ってる二人の娘は仕方なく折れた


そして、糸子の朝は
いつものように里香を起こすとこから始まったが
2階に電話をひき、その電話を鳴らして起こすのが日常となった

そして、NHKの朝の連続ドラマを見るのも日常となった―――――





朝ドラを見てる主人公が出てる朝ドラを見てる視聴者

なんともおもろい構図でしたね ̄∇ ̄


それからどうにか
里香は優子とどうにか話をすることができたようですね


自分が自分であるために
常におもろいことをしたい

この「おもろい」というのが
大河ドラマの主人公の生き方と妙に重なるところがあります


誰かの世話になって夢を追いかけるよりも
身銭を切ってこそ追いかけるのが一番楽しい


正に攻撃は最大の防御ですな


逃げ道みたいなものは作りたくない


正に糸子の生き方ですね
72歳にして、若い頃の原点に戻ったかのような感じですね


今の糸子は実に楽しそうです ̄∇ ̄

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第136回
糸子は、ついに決心する。 参加させてもらうのではなく、最初から自分で始める道。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/03/15 14:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第24週−3 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる