渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第18週−6

<<   作成日時 : 2012/02/04 19:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

優子が大学で習っている大学の原口先生が
糸子の家にやってきた

なんでも用事があって
大阪に来たらしく、そのついでにここに足を運んだらしい


とにかく話をするのが好きな方で
話し込むうちに気がついたら午前2時になってたので
原口先生は糸子の家に泊まることになった


そこで原口先生は直子の絵に大いに興味を持った


それで原口先生は直子に自分の学校に来ないかと誘った

それに対して直子は
自分は絵で食べていこうと思ってるし
それに洋装は優子姉ちゃんが継ぐからと言った

原口先生は言う

なんなら、君が自分の洋装店をやったらいいじゃないかと


直子は驚いた
その考えは今まで直子にはなかったものだった



直子はどうも
怒ってるのか喜んでるのか
感情の見せ方がよう分からんらしく

今日もそんな表情を見せていた


そして意を決したように糸子に話した

高校を卒業したら
自分も優子姉ちゃんが通う東京の大学に行かせてほしい



直子の決意に気圧されたように
糸子は承諾した

ただ、糸子は二人も東京の大学に行かすので
二人分のアパート代を出す余裕がないので
優子と直子、一緒のアパートに住むように促した


それに反発したのは誰であろう優子だった

泣きじゃくる優子に対して直子は平然という

「姉ちゃんはあたいの才能が怖いんや」


糸子は思う

優子が笑うたら直子が泣く
直子が笑うたら優子が泣く

おばあちゃん
おとうちゃん
勝さん


手に負えん┐(´∀`)┌




優子にしてみれば
絵は好きだけれども、どうも直子と比べられる

別の分野=洋装でやっていける自信ができたこともあり
洋装をすれば家族のみんながほめてくれる
ここが自分が認めてもらえる自分の居場所だと
優子は考えていたのに

直子が洋装をするということは
その自分の居場所が脅かされる

と、優子は考えたようですねぇ


まぁ糸子は長女でしたから
そういう次女の気持ちはよう分からんのでしょうな

特に家族の中でそういうライバルとか
いなかったみたいですしね


それから静子は一男一女に恵まれたみたいで
後、今週の初めが昭和29年で今回ではもう昭和33年と
かなり時間の経過が早いですが

その辺りをホットケーキを食べる姉妹で見せてたのは
面白い演出でしたね

具体的にいうと
北村があまらせたホットケーキを
最初は三姉妹が取り合いの様相を見せていましたが

今回では北村のホットケーキに興味を示したのは
聡子だけで直子は興味を示さなかった

それだけ直子は年を重ねてるってことですな


さてさて、次回は糸子が
最近の流行についてけてないのではないかと
自信をなくすような物語の展開のようですが
どうなりますかねぇ

個人的にはそこで周防さんに会って
そこで自信を取り戻すなんて展開・・・ないない ̄∇ ̄


それからようやく描いたイラストをば






わしって黒塗り下手だなぁ ̄∇ ̄;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第103回
原口先生は、結局、小原家で一泊して帰って行った。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/02/04 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第18週−6 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる