渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第18週−5

<<   作成日時 : 2012/02/03 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京の大学から優子が帰ってきた

東京へ行って2年
いっぱしの東京娘になって
帰ってきました

ただ、最近は
優子が習っている原口先生を敬愛してるらしく
何かと原口先生の名前を出すようになった

おばあちゃんは優子が
その原口先生を好きになってるんやないかと
心配のようでした ̄∇ ̄;

優子は直子には絵の才能があるから
本気で絵の学校にいけばいいと語った

直子にはそれが上から目線なのが
気に食わなかった

なので、自分の絵は
優子が同じコンクールで獲った賞よりも
上だと皮肉を言うた

しかし、優子はそういうのは意に介さなかった



その頃、海外の洋装メーカー・ディオールが潰れて
21歳の若いデザイナーが継いでいた


テレビがでてきた時代

女性店主がいる事が大分当たり前になってきた

糸子以外にも洋装店を営む女性店主も増えてきた

それで、糸子ら女性店主らが
組合を利用して、あれこれ情報共有という名の
集まりを楽しんでいた

そこでよく話題になるのは
女には女にしかでけへん商売がある

なんで男はこんなことで意地はらんといかんのやろと
思うことがある

女のハラの中には意地とかあらへんよって
男と違って女なら簡単に頭を下げれるのだと


ただ、糸子にはもうひとつ
組合に行く理由があった

それは組合長と周防さんの事を話せること

周防さんの店は順調に業績をあげていて
糸子は松田さんに月々の支払いを取りに行かせていた中で
そういう話を聞いていた

糸子と周防との経緯を知っている方の中で
周防さんの事を話しても相手が態度を変えないのは組合長だけだった






今回は
特に周防さんファンにとっては
周防さんの近況が聞けたことが一番の見所でしたね

地道にコツコツやられてるんですね

でも、会ってはいけない

そういう戒めを糸子は自分に課してるようでしたね



それから負けず嫌いで張り合っていた優子と直子ですが
優子の方はちょっと丸くなったというか、そういう妹との争いには
興味をなくしたというか、ライバル視することもなくなったようで

でも、直子にとっては未だに優子は
ライバルなんですよねぇ

さぁ、次回は大塚先生が糸子の家を訪ねてきて
どんなことになるのか、実に楽しみですね ̄∇ ̄

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第18週−5 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる