渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第21週−6

<<   作成日時 : 2012/02/26 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

木岡のおばちゃんがやってきた

アイビーって分かるか?って
アイビーのなんたらって靴置いてるかって
客が聞きにくるんやて


北村が言った通り、アイビーが流行してた

しかし、当の北村は
アイビーは半分だけやってて
デザイナー育成もやって損したから
儲けはチャラになっていた


今の北村の期待の星は優子らしい


毎度、北村の話は面白いけど
現実味のない話やからなぁ ̄∇ ̄;



さて、例によって聡子が描いてくるデザイン画は
なんでまたスカート短くするんやなってくらい短い


しかし、客としては

こんなんはいて
足やら膝やら出してみたい

けれども恥ずかしい


ということらしい


・・・せやったんや

女っちゅうんは
自分のきれいなところはできるだけ見せたい


サエ曰く
イブニングドレスを作ってもろうた時
背中を見せてええもんやなと

うちは嬉しかったで



ということは短いスカートを
こんだけ若い子が内心はきたがってる



優子の店の開店祝いの席で
糸子は北村を呼んだ


「短いスカート作れ
死ぬほど売れる」



パリで、このスカートが発表された

聡子がはく短いスカートに
北村は目をそむけた

その短いスカートに視線が向かうことで
自分の卑しさが見られることを恐れたことも
あるのだろうが、とにかく見てる自分が
恥ずかしかった


「恐ろしいことやけど、時代は変わった

これからは日本の女の子も足出すで

嫁になんか、いかんでもええねん

正直、うちも怖い
見たこともない時代がくるんやけんな


これだけは言える

短いスカートは流行る

こさえ(゚д゚)
こさえ(゚д゚)
こさえ(゚д゚)
こさえ(゚д゚)」



そのスカートは
ファッションの下克上といわれる時代になった


糸子&聡子の助言によって
北村の工場はそのスカートで大儲けできたのだが


北村はそれから自分の視線を隠すために
サングラスを普段からかけるようにしていた

「歩きにくくてしゃあない
次、長いスカートは流行らへんけ」

「当分は収まらん」

「うっとうしいのぉ」

「恥じらいなんて犬も食わへん

時代はどんどん変わってんやで

親父に怒られてもかまへん
嫁にいかれへんでもかまへん

そんなことやと、時代に取り残されてしまうで」



そして、そんな時代が北村の時代を踏み潰していく―――――




優子⇒イケズ
直子⇒意固地
聡子⇒アホ


糸子の娘三人の批評が面白いですな

まぁそれはすなわち
糸子はイケズで意固地でアホっちゅうことに
なるんでしょうけどねぇ ̄∇ ̄


でもって、短いスカートに
きょとんとする男の大人たち
目のやり場に困る男の大人たち

この辺の描写も面白かったですね


これによって聡子も一躍注目されるデザイナーに
なっていくということなのでしょうね


それにしても糸子と聡子が二人して北村に

「こさぇ(゚д゚)」と繰り返すシーンは傑作でした ̄∇ ̄b

さて、次回は3/3ということで土曜日から
夏木マリさん演じる糸子が登場

こっから、どうなっていくのか
期待半分不安半分といったところです(; ̄∇ ̄)ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第121回
「カーネーション」第121話 「鮮やかな態度」 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/02/26 17:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第21週−6 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる