渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第21週−1

<<   作成日時 : 2012/02/20 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

いつも笑ってる子だと思ってた聡子が
初めて見せたそんな顔がうちには堪えたんです

その日から聡子はテニスを辞めた

短大を卒業後、洋裁学校に行きたい

「やりたいようにやり」

そうして聡子は短大卒業後
洋裁学校に通うことになった

これまでなんも与えんかった分
これからはなんでも与えちゃろ


そんな風に思ってたんですが
洋裁学校に入学して三日目で聡子は


「辞めたい」


とかぬかしよった(゚д゚)


激高する糸子を皆で押さえつけ
どうにか糸子を落ち着かせたところで
聡子の話を聞いてみると


机にじっと座って勉強がようせんねん

とのこと


糸子がこんこんと説教したものの

糠に釘

聡子に効いてる様子は全く見受けられなかった ̄∇ ̄;

もう既に学費を納めてしもうとる

引くに引けない中

とりあえず聡子を学校に行かせた


その後、糸子は店の前を通る
聡子の中学時代の恩師を見つけ
聡子の今の現状を話してみた



「聡子さんはそういう子ですわ

学校辞めたいいうのも根性がのうて言うてるんじゃないです

やれというたことをやらんかったことは一度もありません

あいつにはでっかい山を登れという感じで
高い目標を設定させてやるんです

そうすればどんだけしんどくても脇目もふらず進んでいく

がむしゃらに洋裁をやりたいだけじゃないでしょうか」



持つべきものは中学生の恩師です


糸子はこれまでに自分が描いたデザイン画を聡子に渡した

最初は未知のものを見つめる猿のような
行動をしてた聡子でしたが

それから聡子は黙々とデザイン画の模写に没頭した

朝も昼も夜もとにかくデザイン画の模写に没頭した

そんな聡子を見て、糸子は無理に学校に行かせることはしなくなりました



一方、直子の店では
直子が嫌がる仕事を優子が引き受けているうちに
店の評判は上がったのはもちろんですが
優子の店での評判が上がったそうです

売り上げの6割は優子の作る服だそうです

直子も以前と比べると優子の真似もしてか
大分接客対応とかが様になってきたものの

まだまだ姉の領域には届かないようです


さて、その優子は
東京と岸和田を往復する生活をしていました

そこで
聡子が母のデザイン画を模写してると優子が知ってからまもなく
優子と直子が描いたデザイン画が聡子の下に届きました


それを見て喜ぶ聡子でしたが
逆にそれを見て触発されたのが母・糸子でした


あかん
娘らに負けてられん

そうして糸子も聡子と並んで模写に没頭しました―――――






優子と直子が一緒に店をやるというのは
糸子が二人いるようなもんだから大変だと
おばあちゃんが言ってましたが正にそのとおりですね

負けず嫌いで自分の考えを曲げない性格ですから
それぞれの個性が違うととにかくぶつかってしまうんでしょうよ


周りの従業員は糸子だけでも大変だったのに
それが二人にもなるとねぇ ̄∇ ̄;


聡子は上機嫌な性格は勝そっくりですが
一度熱中するととことんやるという性格は

仕事をし出すと、終わらせるまで止めない糸子と
実に似てますよねぇ



それから糸子、優子、直子
それぞれのデザイン画にそれぞれの個性が見えたのがいいですね


名前はなかったですが
優子のイラストは全体的に線が細くて丁寧なタッチ
直子のイラストは太い線でガッと描いてる感じのタッチ

そのどれもデザインはなかなか

これに持ち前の負けず嫌いを見せたのが
この三姉妹の母・糸子


あの光景は実に面白いですねぇ


あの姿を見てると引退なんて
全然そんな風には見えないですね ̄∇ ̄;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第116回
短大を卒業したら洋裁の専門学校に行きたいという聡子の希望を叶えた糸子。 しかし、専門学校が始まって3日目で聡子は学校を辞めたいと言いだす。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/02/20 23:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第21週−1 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる