渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第19週−4

<<   作成日時 : 2012/02/09 22:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

腰の部分がくびれてる
これが女性をきれいに見せるドレスなんや
悪ない
なんも悪ない



けれど、最近サックドレスの注文が増えた



こんな不安初めてや

うち、読み違えた
サックドレスはうちが思うたより
ずっと早く大阪に届いたっちゅうことや


糸子がデザインした服は既に100着25万円分
できてしまっている

今頃、北村が問屋を走り回っているやろうけど
おそらく売れてないやろう


一度の失敗ならばかまわん

けれども、うちには
サックドレスがいいとは思えない

若い子が目を輝かせてるサックドレスに
目を輝かすことができへん

うちは世の中に遅れをとっている
間違いなく



自宅に戻ると
北村が来て、夕食を食べていた


この自慢たれの調子のりの北村が
この日は商売の話を一切しようとはしませんでした



そして糸子は北村と二人きりになった


「売れへんかったんけ?」

「なんでわかんよ?」

「わかるわ、それは」

「三日で15件回って大口は全滅
小口も古いわと散々言われたわ」

「残り全部買い取っちゃる」

「はぁ?
かっこつけんなや
お互いの損で痛み分けや」

「うちが甘かった
一から出直しや
勉強や
あんたには悪いことしたな
堪忍、このとおりや」



糸子は北村に頭を下げた

「気色悪、えらいもんを見てもうた」


北村はちゃかしてた






夏休みになって直子が男の友達を連れて帰ってくると連絡があった

おかあちゃんは例によって張りきってた

芋の煮っ転がしで十分やとなんぼ言うても
お母ちゃんは聞く耳もたず


そして直子が帰ってきた

糸子は言葉を失った

それが直子だと分かるまで時間がかかった


直子の化粧に服に糸子は度肝を抜かれた


糸子にはオバケにしか見えんかった

飯を食べてる時でも

「オバケがとんかつ食べとる(゚д゚)」

としか思えんかった


生徒たちが糸子の家に来た理由


それはお客さんに直接布を当てて裁断をする


それを立体裁断と言うて
国内でそういう風にして裁断をしてる人はほとんどいないらしい


立体裁断が学校の授業であって
それを勉強するために糸子がやってる立体裁断を学びにきたのだった


我流でそれをやってるなんてすごい、と直子が
つれてきた生徒が言うもんだから気分がよくなった糸子は

その立体裁断を生徒たちに見せてあげた

そんな糸子の様子を直子はじっと見ていた―――――






糸子は自分が
今の流行に乗り遅れてることを痛感してるみたいですね

そのことが今回のサックドレスで思い知ったみたいです


でもって、直子のファッションをみて
糸子はオバケにしか見えんかったっていうのは
面白かったですなぁ

そして、糸子が当たり前のように
昔から我流でやってた裁断が実は海外では
主流らしく、それを直子が通う学校の生徒は
皆、学びたいという姿に

ちょっと糸子が自信を取り戻したっていうところですかね

そして、直子は言葉にしないけど
母の凄さを他人を通して痛感してるってとこですかね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第107回
どうしてもトラペーズライン…サックドレスを受け入れることが出来なかった糸子は 北村との仕事に失敗した。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/02/10 00:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第19週−4 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる