渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第14週−2

<<   作成日時 : 2012/01/05 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

戦争が終わった

そしてアメリカ軍の兵士が岸和田にもやってきた

皆、アメリカ軍の兵士は怖くて
身包み引き剥がされると聞かされていたので
皆、家にこもって息を潜めていた

でも、会ってみるとそない怖いものではのうて
アメリカの新しいものをくれたり
日本のものを買うてくれたり

うちらにはいいお得意さん


闇市では物々交換ができた

サエがやってきた

サエも弟と親戚のお兄ちゃんといろいろな人を亡くしてた


まぁお互いさんやな

そうして互いの苦労を語り合う二人

ふと、サエは糸子に洋服がないか尋ねた


悲しいと悔しいで死んでしまいそう
男がだんじりをひくように
女はおしゃれせなならんねん


とは言われても
洋服にできそうな生地はまだどこにも売ってない


なので、試しに軍から払い下げした
ズボン下の生地などで作った洋服を店頭に飾った

それを見て女性達がとびついた

店は一気にまた以前のように繁盛した


サエの言うたとおりやった


女性はみんな、おしゃれがしたいんや

ああ、縫いたい


ほんまにええ洋服を縫うて、この人に着せてやりたい―――――





あんなに怖がっていたアメリカ兵も
聞くと会うでは大違いってことで

すっかりフレンドリーな感じになってましたね


そして、戦争が終わったことで
おしゃれができると張り切ってる女性の方々の活力が
すごかったですねぇ


それに応えたいと思い
今できることを懸命にやる糸子


この人たちは
ようやく生きている実感を味わってる感じがしてる気がします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第77回
戦後、軍服を縫う仕事は無くなり、糸子の作る服は、そのまま物々交換の「金」 として家族の食料になった。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/01/06 18:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第14週−2 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる