渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第10週−1

<<   作成日時 : 2011/12/05 12:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

昭和16年
大東和戦争が始まった

日本はまた戦争を始めた


男が一旦勝負にのぼせだしたら
簡単には終わられへん

戦争なんて、何がおもろいねんさっさと終わらんかい



そこにやってきた大日本国防婦人会


機敏に動けるためには着物ではなく

モンペをはかなければならないと言う

しかし、当の糸子はそれを拒んだ
モンペが気に入らん
あんなのカッコ悪い


と、散々文句を言っておりましたが
はいて即とっても気に入りました

モンペでもおしゃれをすればいいのだと


一方、八重子さんとこのパーマ機は国に接収され
仕事もろくにできない状態

糸子のところとは違って苦しい生活が続いている


けれども、希望があった

勘助が菓子屋で再び働けるようになったからだ


その話を聞いて、喜んだ糸子は
もっと勘助を元気づけてやろうと
かつて勘助が憧れていたサエさんを呼んで
勘助に会わすことにした


しかし、勘助はサエを見るなり
その場から逃げるように立ち去り
一人嗚咽を漏らしながら号泣した




その日の夜、安岡のおばちゃんが糸子をたずねてきた


勘助に何をした?

勘助は自殺しようとした
もう、止めてくれ

あんた
金輪際、勘助に会わんといてんか

あんな、糸ちゃん
世の中っちゅうのは
あんたみたいに強い訳ちゃう
あんたみたいに勝手ばっかしおる訳ちゃう

もっと弱いねん
もっと負けてんや

そない悲しいて
自分が惨めなのもわかってる

そやけど、生きていかねばならんさかい
あんたにそんな気持ちが分かるか

商売も上手ういって
家族がみんな元気で結構なこっちゃな
あんたにはな、なんもわからへん

どないか働きに出れるようになったのに
ここまでうちらがどんなに神経すり減らしてきたか

あんたには想像もつかへんやろ

今の勘助にあんたの図太さはどこや
頼むさかい、もううちには近づかんといて



そう言って逃げるようにおばちゃんは立ち去った

糸子は呆然としていた―――――




苦しい生活の状況下で
どうにか勘助が以前のように少しずつ戻っていってた

その矢先に
自分と子よりも生活に恵まれている糸子がそれをぶち壊した

勘助を気にかけてくれるのはありがたい

けれども
糸子には今の自分らの気持ちが分からない

そんな人には関わらないでほしい


後半のおばちゃんの言葉には
勘助をこんなにした糸子に対する憎しみに
糸子に対する嫉妬−自分たちとの生活の格差も
含まれていたようです


今週の初日がこれですか

いっきなり重いなぁ

なんか、この安岡のおばちゃんは
糸子に呪いをかけたようにも思えなくないなぁ

この後の展開を考えると・・・ねぇ; ̄∇ ̄ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第55回
勘助が職場に出始めたと聞いて糸子は会いに行った。 たぶん、糸子は純粋に嬉しかった。そして、糸子には、勘助が抱えている闇の深さが まだ理解できていなかった。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/12/05 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第10週−1 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる