渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第12週−5

<<   作成日時 : 2011/12/26 00:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日もまた戦地で兵隊さんが亡くなり葬式があげられた
大日本婦人会の支部長さんとこの次男さんらしい

八重子さんは今日からうちの店で働くことになった
パーマ機を軍に提出して、店を閉めることになってしまったらしい



そんな折に奈津から電話があった

東京で喫茶店という店は営業停止をさせられた
大阪にもその流れはきていた

奈津の店もまたおんなじようなもんやった

奈津がおもむろに切り出した


「うちの店、買わへんか?この建物と土地
一万円で」


「は?どこにそんな金があるん」

「貧乏人」

「悪かったな」



奈津は知っている限りの金持ちに話を持っていったが
ことごとく断られていた

その一万円という金は奈津の店の借金らしい

そんな借金になるまで
どうしてほっといたのか、憤る糸子ではあったが
聞いてしまった以上、糸子はどうにか自分が
できることはないかとあれこれ考え

糸子の店も結構大変だが
奈津を縫い子として雇うことを思いつき

糸子は奈津の店に走った


だが、奈津はいなかった


奈津に金を貸していた人らが言うには
どうも奈津は母親と一緒に夜逃げをしたらしい


何故、うちに相談してくれへんかった?
何故、うちを頼ってくれへんかった?

奈津がこんな境遇になってしまったことに対して
何もできない悔しさと

自分を最後まで頼らなかった奈津への怒りを
糸子は奈津が手放した建物にぶつけた――――――






奈津はこれまで誰にも頼らずやってきた


糸子の場合には
困ったときに助けてくれる人がいましたが

奈津にはそういう方がいなかったんでしょうね

というか、信じられる人がおらんかったんでしょうね

そもそも、旦那さんは芸子さんと一緒に逃げたくらいですからね

だから、どうしても自分が頑張らんと、って
思うようになって、気がついたらなんでもかんでも
自分で背負い込んでしまってた

気がついたら取り返しのつかない状況になっていた


それだけに糸子は奈津にどこか似たようなものを感じてただけに
どうして自分にこんなことになる前に頼らなかったのかが
やりきれないし、許せなかったのでしょうね


まぁ人には意地ってのもありますからね

どうすればよかったのか
どうしたらよかったのか

こればかりはわからないですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第12週−5 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる