渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 妖怪人間ベム 第9話

<<   作成日時 : 2011/12/18 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

晋作博士にそっくりな男の正体
それは緑の液体で
彼は実験途中で亡くなった晋作博士の身体を
乗っ取ったものだった

そして、誰もいなくなったこの研究室で
細胞が3つに分裂した

それが、ベム・ベラ・ベロだった

緑の液体とベム・ベラ・ベロ
これらの違いは

ベム・ベラ・ベロは正義の心しかもっていなくて
緑の液体には悪の心しかもっていないということ


そして、ベム・ベラ・ベロが人間になるには


人間と同じように
良い心=善と邪まな心=悪を両方持たねばならない

それは緑の液体を受け入れるという事を意味していた――――



なるほどねぇ

人は傷つくことがあったりすると変わっちゃう

それは
どんないい人でも悪い心をもっていたり
どんな悪い人でもいい心をもっていたり

善と悪

2つの心を持っているから


人間になるにはその2つの心を持たなければならない


おそらく人間として不完全というのはそういうことだと
あの液体さんは考えたのでしょうね


人間を作ろうとしていて
悪の心をもつ細胞と善の心をもつ細胞が分裂して
そこから別々の生き物が生まれた


それが一緒になれば人間になれる


なんか、神様とピッコロみたいだな ̄∇ ̄


ともあれ
悪を受け入れて人間として生きるのか
悪を拒絶して、今のままで生きるのか

これは言葉にはしないですが
究極の選択になりそうですな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
妖怪人間ベム EPISODE9:人間になるか?妖怪のままか?最終決断
善と悪・・・(-公-;)ムムッ 人間になるには、悪を入れ込まなくてはいけないだなんて・・・ 正義を愛するベム達にとって、それはどうだろ・・・ そうは言っても人間にはなりたいんだろうし・・・ そう考えると、人間なんて妖怪以下じゃん・・・ ...続きを見る
あるがまま・・・
2011/12/20 21:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妖怪人間ベム 第9話 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる