渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第11週−1

<<   作成日時 : 2011/12/12 12:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

お父ちゃんが燃えてた

おろおろするお母ちゃんやおばあちゃんを尻目に
叫びながらも必死で消化作業を行った

その叫び声を聞いて、近所の方々も駆けつけてくれて
お父ちゃんはリアカーで病院に運ばれていった




医者の診断では
お父ちゃんの火傷はひどく1ヶ月は安静と養生が必要らしい


糸子には気がかりなことがあった

火事見てもうたこと

「先生、妊婦が火事みたら
おなかの子にあざができるって本当ですか?」

迷信や
医学的にありえん
余計な心配させちゃったらあかん
しょうもないこと気にせんと元気なことを生み



お父ちゃんと一緒に家に戻ると
お母ちゃんはいつも泣いてて
おばあちゃんは放心状態やった


しかし、糸子はしょげてる暇はなかった

この家を預かる人間として自分がしょげたら
この家はおしまいだと思って奔走する


そんな中で陣痛が始まった


お父ちゃんがおらん
勝さんもおらん
お母ちゃんもおばあちゃんもおらん

「うちな、心細いわ」


そして三番目の子が生まれた

女の子やった


その子の前ではおばあちゃんも正気を取り戻したようだった


その時、糸子は生まれてきた我が子に思う

でかした!――――――





う〜ん、あれですなぁ

油とかは火のあるような場所の近くに置いてはいけないって事ですが


あの撮影、大丈夫だったのかってことがまず気になりました


でもって、糸子がこの家を支えている中で
ぼちぼちと自分一人でなんとかしなければならない
状況になってきてるようですね

お父ちゃんやお母ちゃん、おばあちゃんの支えなしで
やっていかなければならないって

否応なく自立しなければならない

なんか、奈津の状況と似てるのかもしれませんね

奈津のお母さんはお父さんがなくなったことで
今回のおばあちゃんみたいになってもうたんでしょうからね

それだけに「自分がなんとかしなければ」と思う

心細い気持ちは奥にしまって

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第61回
火だるまになったお父ちゃんは、命に別状はなかったが、 火傷は重症であった。 お父ちゃんの事故に、おばあちゃんまで憔悴しきった雰囲気で、家の空気は重くなる。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/12/12 14:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第11週−1 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる