渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第10週−6

<<   作成日時 : 2011/12/10 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昭和17年の年の暮れ
お父ちゃんは勝さんに会いに行ったが
結局会わせてもらえんかった

オハラ洋装店ではご近所さんにお歳暮を贈っていた


そこで糸子は木之元のおばちゃんから
油を入れて使うカイロをもらった


お歳暮は縫い子さんにお願いして安岡さんとこにも贈った

縫い子さんから元気そうな話を聞いて安心した


年が明けて色んな規制が厳しくなった

2件の家におるより
1件の家に集まった方が節約になるというて
お父ちゃんとお母ちゃんがいてくれるようになった



勝さんが大陸に渡ったという知らせを聞いた

どうせ、浮気をしていた旦那やという気持ちと
うちが仕事にかまけてほったらかししても我慢してくれたという気持ちと

そんなんが頭の中でぐるぐるぐる



そんなときに婦人会の方がやってきた
もう使ってないだろう勝さんのミシンを接収すると言う


勝さんが戻ってきたら
仕事ができんなるという糸子の言い分に対して

戦争に行ったら
死んで遺骨になって戻ってくることが値打ちになる

あの婦人会らはそう言い寄った



その夜は悔しいて悔しいて寝付けれなかった


大きい背中、笑顔、心

これが全部骨になってこその値打ちになるというのか

戦争ってなんやねん


そんなとき、一階から悲鳴が聞こえた

一階に行くと
お父ちゃんが・・・炎に包まれていた―――――





戦争に出征する
それは家族にとって、つらいことなのに

「遺骨となって戻ってくることが御国のため」だなんて
どこのクチがそないなことを言うねんと(゚Д゚)


ああいう人ってなんですかねぇ

人の痛みとか、苦しみとかが分からないのでしょうかね

自分が味あわないかぎり

ちなみに今が昭和18年の1月

終戦するのは昭和20年8月15日


それまでにもう少し時間がかかりそうですな


それにしても泰蔵兄ちゃんまで出征するのかぁ
泰蔵兄ちゃんも勘助のようにもどってきてほしいですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第60回
まだ大阪にいるという勝にお父ちゃんは面会に行ったが、ゆるされず。 糸子は「浮気したダンナ」に相変わらず複雑な思いを募らせていた。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/12/10 14:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第10週−6 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる