渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第9週−2

<<   作成日時 : 2011/11/29 08:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

神戸のおじいちゃんとこにいた糸子


・・・・・暇や


おじいちゃんらは深刻やった

おじいちゃんらの紡績工場は
近いうちに軍需品を作らなければならなくなってきていた

全ては御国のために


これは時局なのかもしれない

一番ショックを受けてるのはおばあちゃんだった


おばあちゃんの無念さはうちにはイタイほど分かりました


ちっこいうちの店も安穏としている訳ではありません



「うち、これからずっと寝るさかい、起こさんといてな」

使用人に嘘をついて岸和田の店に行く糸子

「ちょっと店見てくるだけや、堪忍や」


そうして岸和田の店に戻ってこようとして
電車に乗ったくらいから陣痛が始まった


道端で倒れこんでる糸子を木之元さんが見つけ
自宅に連れてきた

2時頃からの陣痛は12時間も続いた

最初は男の子がええと言ってたお父ちゃんだったが
難産な様子にどんな子でもええ
母子共に無事に生まれてきたらええと
勝さんと一緒に願っていた


お腹がすいてもうて、するめを食べながら糸子は
無事に女の子を出産した

糸子は素直な子になりますようにと願いを込めて
「直子」と名付けた


八重子さんはパーマネント店を始めた
おばちゃんの店よりも繁盛してるらしい

戦地にいる勘助の手紙が届くが
なんとも当たり障りのない内容ばっかやった





なんて、同じ馬鹿なことを繰り返してしまうんやろと
糸子は思っていたみたいですが

周囲は「ああ、またか」みたいに
あきれるでも、怒るでもなく淡々としてたのが
ちょっと面白かったですね


それとは対照的に
時局という波がおじいちゃんの工場をも飲み込もうとしていた

そんな中で自分達はどう生き残っているのか

葛藤してる様子に
対岸の火事ではないと感じてる糸子

ここもどうなっていくのか、気になりますね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第50回
無理やり神戸に送られた糸子は、そこでも戦争が影を落としている事を知る。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/11/29 20:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第9週−2 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる