渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第9週−1

<<   作成日時 : 2011/11/28 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

勘助は浮かない顔をしていた

自分のところに赤紙がきた


勘助は兵隊となって
戦地に向かわなければならなくなった


「嫌やな」

「名誉なことじゃないか」

「兵隊になんかなりたぁない

軍隊なんか工場よりきついやろし
うまいもん食われへんやろし
弾に当たって死ぬかもしれへんし
向こうの土地で病死するかもしれへん」


勘助の父親は戦地で病死していた

「そら、運が悪かったんやわな」


けんど、勘助が可哀相に思えてきて
勘助の出征を祝うことが素直にでけへんかった


お父ちゃんらは勘助が出征するのを祝っていた
大丈夫、めったなことで死ぬことはないのだからと
言って、勘助の不安を取り除いていた

お父ちゃんらも出征していた経験があったから

そして、安岡のおばちゃんは
息子の出征を喜ぶことはでけんかった
そして出征の日

みんなが勘助の門出とばかりに祝う中
小吉だけ、表情が冴えなかった

二ヵ月後、勘助から手紙が来た

その手紙は
黒線が引かれていた

なんでも政府は問題のある言葉があると
こうして黒線で塗りつぶすらしい

なんかけったくそ悪い

それはうちらの生活を塗り潰してるようでした



政府はえらいのぼせあがってるようでした

あちこちで勝利を収めている割に
戦争が終わる気配はない

そのくせ、なにかと法律とか出して
うちらの生活を苦しめていきます


その頃
糸子はごっつい調子に乗ってました

店は商売繁盛
そして二人目を身篭っていました


ただ、今回の子はどうも陣痛が激しく
ちょくちょくうずくまることもありました

それをみかねた
おばあちゃんとお父ちゃんは
子供が生まれるまで糸子は神戸のおじいちゃんとこになった―――――





今回、勘助は出征することになりました

以前、出征したことのある
お父ちゃんらは大丈夫だと気楽に行ってましたが

その時と今では状況が違いますからねぇ

糸子は勘助の出征を名誉なことと喜んでましたが

この先の展開として勝さんが出征し
勝さんは戦地で病死するので

それでも、糸子はこのときと同じように

「名誉なことだ」とか「運が悪かった」と言えるのか

今週は今後のこの展開にむけての伏線の回になりそうです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第9週−1 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる