渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第7週−5

<<   作成日時 : 2011/11/18 08:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

裁断のついでに
デザイン画もサービスしたら
店が繁盛しよった

商売人として成長したかわからんうちに
店が繁盛しよった


その日の夜はクリスマス
糸子は家族にクリスマスケーキを買ってきた


この日が好機とみた糸子はお父ちゃんに打ち明けた


今年いっぱいであの店を辞めて
小原洋裁店を始める

もう許しなんていらん
うちは洋裁店を始める

毎日酒を飲んで帰ってくるお父ちゃんには
もう言われとうはない


糸子の言葉は正論やった
既に実績もあった

だが、それが父ちゃんの癇に障った

父ちゃんは糸子を叩き
糸子が買ってきたクリスマスケーキを
卓袱台に叩き付けた

そんな父の理不尽なやり方に
ただ泣き続ける糸子や妹達に対して

おばあちゃんは
まだ食べられるからと言って
そのケーキを切ってくれた


おおきにな
おおきにな

お母ちゃんとおばあちゃんの言葉がうれしかった

けれど、自分をただ意味もなく否定する
お父ちゃんと一緒にはいたくなかった

糸子はその日の夜
神戸のおじいちゃんとこに行った


けれど、神戸のおじいちゃんとこは
いつのまにか、色々なことが変わっていた

なんちゅうか、この家の主は
おじいちゃんらとちゃうと思いました

私を守ってくれていた存在が
いつのまにか私が守ってやらんといかん存在になってた――――




今回はもう糸子の方が正論

お父ちゃんの方はただ家長としてのプライドだけで抗っている

そんな感じでしたね

それだけに理不尽に見えてきたんでしょうね


神戸のおじいちゃんは
糸子がきてもなんちゃ興味を示さなくなった

それって、おじいちゃんの生き甲斐だったのであろう
仕事を息子に譲ったからなんでしょうね

なんか、いずれお父ちゃんが
おじいちゃんみたいになってしまうのかと思うと
それはそれで寂しいですね

果たしてどうなることやら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第41回
生地屋は行列ができるほどの繁盛になった。 糸子は、お客に請われるままにデザイン画まで描くようになる。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/11/18 14:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
神戸のお祖父ちゃんはもう、少しボケちゃったのかな〜
自分が成長する(⇒変わるべきものは変わるべきだ!)と同時に、いつのまにか、自分の周囲でも、いろいろな事が成長している(⇒いつまでも変わってほしくないものが変わってしまう)という事が非常に巧みに描かれていましたね。
この脚本家うまいわ〜〜〜
店の繁盛ぶりなどは、ちょっとうまく行きすぎとちゃうか?っていうような所もあったけど、まぁタイミングよく時流に乗ったというのはそういう事かも…

ところで小林薫さんのダメ親父ぶり、「深夜食堂」の渋いかっこいいマスターと真逆で面白いですね。でも小林さんは、こっちのダメ親父のほうを楽しんで演じているような気もします。
SFurrow
2011/11/18 08:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第7週−5 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる