渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第6週−6

<<   作成日時 : 2011/11/12 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

お客と喧嘩して、その後
大将にこれでもかというくらい延々と怒られた糸子

どうも糸子は肝心な時に
商売の事をコロッと忘れてしまう悪い癖がある

自分でもわかっとんのやけど
これがなかなか

そうして家路に帰ろうとした糸子を川本さんが待っていた
川本さんは糸子を心配してたみたいやった



その日は雨やった
サエさんがやってきた

なにを言っても所詮は場末のダンサー

ただ以前、自分の踊りを褒めてくれた人がいた
その人はもっと踊りを練習すればいいと

その人に認めてもらいたい
このドレスを作るように言ってくれたのもその人やった

でも、ドレスを着たって中身は変わらへん


そやない
人は変わるんや
根岸先生はそう言っとった

そないな馬鹿はうちは好きや
私もホンキで作っちゃる
ホンキで一流のドレスを作るから
ウチのドレスに釣り合う踊り子になり!


それから、サエはいいお客になった
仮縫いにも仕上げにも根気よう付き合ってくれた


そうして、出来上がったイブニングドレス

そしてサエの思う人がやってきた

その人はイブニングドレスを纏ったサエに手を差し伸べ
そしてサエは嬉しそうにダンスを踊る

そんなサエの姿を嬉しそうに見つめる糸子

しかし、その相手が
・・・あの春太郎とは(; ̄Д ̄)


そんな中、奈津のお父ちゃんがひっそりと亡くなった―――――




今回の作品は中盤での

雨が降ってる中で糸子とサエが語らう

そして、二人の姿を呆然と見てる紳士服の大将のシーン

このシーンが他と違って、結構重かったように思います

このシーンにふと「龍馬伝」を思い出したのは私だけですかね


龍馬伝の第一話で
幼き龍馬を必死で守ろうとした母

その時も雨が降っておりまして

その母の迫力に上士が圧倒される

このときの上士を演じてたのが団時朗さん


それを思い出しました


さて、次回は板尾さんが登場

でもって、今日は土曜スタジオパークにて
小林薫さんがゲストで登場して撮影が終わられたとのこと

ということは・・・途中で亡くなるんでしょうな

流れとしてはお酒の飲みすぎで身体を壊したんでしょうかね

あのお父ちゃんの頑固だけど憎めない愛嬌のあるキャラが
なんともたまらんだけにちょっと悲しいもんです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第36回
怒って帰ったサエは、再び洋裁店にやってきた。 そして、自分の踊りを誉めてくれた大切な客がいたことを語った。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/11/12 22:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第6週−6 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる