渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS DOCTORS 最強の名医 第3話

<<   作成日時 : 2011/11/11 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

相良の構想
総合診療科をつくる

まず、患者は総合診療科で診てもらい
症状を判断して、外科、内科と適切な科へ送る

そうすれば患者がたらい回しにされる事もないし
医者も専門外の患者を相手にしなくて済む

この病院でそれができるのは皆川先生しかいない

だから、皆川先生をこの病院から去ってもらってはいけなかった


あのスーパーにいらしたのは本当に偶然?
私を待ち伏せしたんじゃないの?
無職になった私をここに連れ戻すつもりで
もしかして転職話がなくなったのは・・・


全て、相良が仕組んだこと――――





今回、100万人に一人が発病するという腹膜偽粘液腫

それだけに症例も少ない訳ですが
この腹膜偽粘液腫という病気は

「たけしの本当は怖い家庭の医学」でも
紹介していましたね

相良がその症状だけでその病気と診断できたのは
かつて亡くなった妻も腹膜偽粘液腫だったから


最初はそれをネタにして
相良に揺さぶりをかけた森山だったが

相良はそういう森山らを利用して
この腹膜偽粘液腫の手術に森山をリーダーにして
チームを編成して、さらに他の病院から
見学者を募って、森山先生に迂闊に失敗させない状況を作る


更に、妻の手術を録画したものを何百回も見た相良が
(身内の病気ではその病院の決まりで手術に参加することが出来なかったため)

森山らに適切な指示を与える、と


この辺も計算ですな

「きみのおかげで患者さんが一人助かったよ」

失敗を必ず成功に変える

そして、もう絶対に同じ病気で患者を亡くさない

その信念からのようですね




一方で理事長と卓ちゃん ̄∇ ̄


もう、その昔の野際さんと佐野さんの親子の時の設定を思い出しましたよ
この二人のキャラの掛け合いは十分ですな

この二人の掛け合いだけでも見る価値はあります≧∇≦b

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
DOCTORS(ドクターズ)〜最強の名医〜 第3話の感想
テレビ朝日系で放送された「DOCTORS(ドクターズ)〜最強の名医〜」第3話の感想など。公式サイトからあらすじを引用します。〜引用開始〜自分が裏から手を回して転職話を潰したことを伏せたまま、偶然を装って失業中の和枝(伊藤蘭)に近づく相良(沢村一樹)。彼はたまき( ...続きを見る
オタクと呼ばないで
2011/11/11 06:25
最悪なんて言葉、簡単に口にするな!
「小腹が減ってピーマン?」小芝居する相良先生白々しすぐる歌って踊れる蘭ちゃん総合診療科適任すぐる「総合診療科を作れば患者さんが増えますよ」野際院長チョロすぐる右肩上がり... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2011/11/11 23:07
最悪なんて言葉、簡単に口にするな!
「小腹が減ってピーマン?」小芝居する 相良先生 白々しすぐる歌って踊れる 蘭ちゃ ...続きを見る
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2011/11/11 23:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DOCTORS 最強の名医 第3話 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる