渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS カーネーション 第6週−2

<<   作成日時 : 2011/11/08 08:11   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

奈津のお父さんが倒れたと聞いて
奈津を心配する糸子

饅頭を送って見舞いに行ってやろうと
思ったけれど

勘助に相談すると
毎回糸子と張り合ってる奈津ならば
更に機嫌が悪くなると

勘助の言い分も分かる
奈津にも奈津の意地があるのだと


お客さんは生地を選ぶのも
仮縫いにもようきてくれました

うちらはなんや、友達みたいに
仲良うなりました


そしてできた洋服に
お客さんは大層よろこんだ

うちは芸子
器量の良し悪しで全てが決まる
べっぴんじゃなきゃいかん
そやから、こんなべっぴんに見える洋服作ってもろうたのが
ほんまにうれしいねん

うち、これ着てしょっちゅう歩くねん

お客さんの喜びが糸子にはとってもうれしかった

おっちゃん、おばちゃん
このべっぴんが着てる洋服はうちが作ったんやで

ほんまにええ仕事させてもろうた
お客さんが喜んでもらうのがどういうことか

ええ勉強させてもろうた


それで、糸子は初めてのお客さんから御代はもらわんかった


うちは器のでかい情の深い一流の人間やと思いました


うちに帰るとお父ちゃんがいた
チラシの効果で次の仕事が入ってきてた

お父ちゃんはこれでこないだの仕事で
生地代をあてこんで、次の仕事ができるとよろこんどった


「それで、おまんはなんぼ集金したんや」


「・・・堪忍。もろてへんねん」



その後のお父ちゃんは烈火の如く怒った
商売は慈善事業やないんやと


そして、その夜、お父ちゃんはお母ちゃんに
糸子のことで愚痴をこぼしながら泣いた


それがなんや、たまらんかった―――――






う〜ん、将来をあてこんでの投資
今回のお客さんに洋服を着てもろうて
町を歩いてもらう

それが小原呉服店の宣伝にも繋がる

それがために、お金をもらわんかった糸子の
考えもそれなりにはわかるんですが

やはり商売は商売
洋服つくるんには生地代がかかり、その生地代は
洋服を購入してもらうまではこっちもち

その生地代は洋服を売って稼ぐ訳で

今はその生地代もままならない小原呉服店の状況では
そういう余裕はちと厳しいですわな


商売は慈善事業ではない、という
お父ちゃんの意見ももっともですわな

まぁ「情けは人の為ならず」といいますし
今回の糸子がしたことが後で必ずいい事が
起こると思いたいですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【カーネーション】第32回
糸子の初仕事は和やかに順調に進む。 出来上がった洋服を泣くほど喜んでくれた芸子さんのこまちゃん。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/11/08 14:23
♪誰でも超簡単!1日5分で少額資金から大儲けできる投資の極意!
1日5分の片手間で980万円稼ぐ! ...続きを見る
♪誰でも超簡単!1日5分で少額資金から大...
2011/11/08 18:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
一瞬、岸和田舞台のドラマなことを忘れて「いよっ糸ちゃん、江戸前!オトコ前!!」と叫んでしまいましたわ(笑)
しかし、実費(生地代)は貰わなきゃアカンだろ〜〜
と、生粋の関東人の私でさえ思いました(爆)
それでお父さんが、激怒した後に泣く、っていうのがまた笑えて…
駒ちゃん(焼きサバ屋のジュンちゃん懐かし〜)のうるうる涙といい、「その人がどこで泣くのか」っていうのも、このドラマのポイントの一つなのかも?

私の知り合いの知り合い(の、そのまた知り合いくらいかな?)でずっと女一人で事業をしてきた人が「最初のお客さんは生涯忘れられない存在。最初のお客さんとの仕事が、一生を通じての自分の仕事の基本になってきたと思う。」というような事を言ってたのを思い出しました。
SFurrow
2011/11/08 09:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーネーション 第6週−2 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる