渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS 妖怪人間ベム 第3話

<<   作成日時 : 2011/11/05 23:39   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 1

いつものように夏目さんとこの家族と絡んでたベム達
そこで一人の老人を見止めた

それは十数年前に
ベム達が命を助けた男だった―――――



和久井さんはかつてベム達に命を救われて
工場を持ち直すことができた

でも、ベムらと別れてから
工場は倒産し、妻も亡くなり
和久井さん当人もガンで余命半年

もう自分には生きてる意味はないと思ってた

一方で、自分がこれまでに遣り残したことを
ノートに書きとめておいた


ベム達はそれらを和久井さんに
やり遂げさせてあげようと奔走する訳ですね


そうして、紆余曲折を経てベム達の下を去った和久井さん

その和久井さんが自分の念願だった
「バイク便」を利用してベム達に送った手紙


すまないね約束をすっぽかしてしまって
だが、おかげでバイク便を使う事が出来た
これでまた一つ、やり残しを達成したよ

実はね 私は今 旅に出ているんだ
『さよなら』も言わず申し訳ない
君達の元を離れたのはきっと甘えてしまうと思ったからだ
残された時間は僅かかもしれないがこれからは自分で線を引いていこうと思う
工場を潰し妻も幸せに出来なかった私の人生は今まで何の意味もないものだと思っていた

しかし、それは間違いだったよ
君達と過ごしていくうちに気付いたんだ
ブーメランを投げるのはとても楽しかった
あの時のピアノの音もまだ耳に残っている
どれもうまく行かなかったけれど

失敗したってよかったんだ
それでも十分 意味があるんだね
何も成し遂げられなくても生きているだけで少なからず誰かとつながっているんだ
だから、人は『生きている』ということだけで十分なのかもしれないね

朝、目を覚ませば生きている
それだけで、きっと今日を生きる理由になるんじゃないかな
私は、今、ようやく思えるんだ
私の人生 これはこれでよかったのかもしれないと
そう思えるのも君達のおかげだよ
君は自分達が、この世界にいちゃいけない存在だといったね
でも、そんなことはないよ
私は君達がいてくれて本当に救われた
心から ありがとう



このシーンの演出
各登場人物を断片的に
和久井さんがしたかったことをさせる辺り

これは木皿泉さんが脚本を担当したのかなと
思ってしまいました

ここは思わず感動しましたねぇ


もう、すっかりこのドラマが楽しみでございます ̄∇ ̄b

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【妖怪人間ベム】第3話
人間は必ず死んでしまう。 では、なぜ生きていくのか。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/11/06 00:34
流そうが流すまいが、私には関係ないよ!
別に、自殺しようが構わないけど、電車に身投げするのは迷惑やから、止めて欲しいなかつて命を助けた和久井を、ベラが再び助けた妖怪人間ベラ第3話大昔だし、短い付き合いだからか... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2011/11/06 07:27
流そうが流すまいが、私には関係ないよ!
別に、自殺しようが構わないけど、電車に身投げするのは迷惑やから、止めて欲しいなか ...続きを見る
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2011/11/06 07:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私も木皿さんを彷彿させるなあって思ってました。
全てがいい感じで運ばれてますよね。
今週はQ10バイク便にちょっと受けたりしてました。
そうそうベムたちが人間になるための涙にも条件があるみたいですね・・。
エリ
2011/11/06 14:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
妖怪人間ベム 第3話 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる